2016年12月04日

井澤式 建築士試験 比較暗記法 No.405(杭径・剛性と杭頭モーメント・水平変位)

井澤ですいざわ
今回の内容は、多くの受験生が間違えてしまう内容です。
基礎構造のなかで最も大事なポイントの一つです。

■問題1
同一工法の杭基礎を用いる建築物において、杭の径のみが異なる場合、地震時の水平力に対し、杭頭固定曲げモーメントは、が小さい杭ほど大きくなる。
(一級構造:平成21No.22
■問題2
一様地盤中にある杭及び地盤を弾性と仮定した杭頭固定の杭において、地盤、杭工法及び杭頭に作用する水平力が同じ場合、杭径が小さいほど、杭に発生する曲げモーメントは大きくなる。
(一級構造:平成23No.22
■問題3
支持層が傾斜した地盤においては、杭径が同じであっても、各杭が負担する水平力は杭長に応じて異なる値として設計する。
(一級構造:平成26No.23
■問題4
支持層が傾斜した地盤においては、杭径が同じであっても、各杭が負担する水平力は杭長が長いほど小さくなる。
(オリジナル)

――――――――――――――――――――――
■解答
問題1、2 誤。問題1も2も内容は同じ。杭径が小さいほど、剛性が小さくなり、負担する水平力は小さくなる。したがって、曲げモーメントは小さくなる。
問題3、4 正。杭が長いほど、剛性が小さくなり(=柔らかくなり=変形しやすくなり)、負担する水平力は小さくなる。
――――――――――――――――――――――

前回は、水平地盤反力係数と杭頭モーメント・水平変位について学びました。
今回の杭径、杭の剛性と合わせて、ポイントをまとめると次のようになります。

pile2

このポイントの中の、杭径と杭の剛性について、気を付けなければならない注意点があります。
それは、杭径と杭の剛性については、「杭頭モーメント」を考える際の前提条件と、「杭頭の水平変位」を考える際の前提条件が違うのです。

■杭径・剛性と杭頭の水平変位
わかりやすいのは「杭頭の水平変位」のほうです。
杭径が大きくなれば、杭頭の水平変位は小さくなります。
杭の剛性が大きくなれば(=硬くなれば)、杭頭の水平変位は小さくなります。
これはわかりやすいですよね。
一つの建築物の杭全部について、杭径が大きくなれば、また、剛性が大きくなれば、杭頭の水平変位は小さくなります。

■杭径・剛性と杭頭モーメント
問題1~4はすべて、この「杭径・剛性と杭頭モーメント」についての問題です。
上図の中で赤の四角で囲んだ部分です。
この時の前提条件は、杭頭の水平変位の時とは異なり、一つの建築物の杭の中に、太い杭と細い杭がある、剛性の大きな杭と小さな杭がある、長い杭と短い杭がある、という前提条件なのです。
一つの建築物の杭ですから、水平変位はどれも同じという前提条件です。
上図は柱と梁の絵ですが、柱を杭、梁を基礎梁と考えてみてください。
基礎梁が剛体ならば、左の杭の水平変位と右の杭の水平変位は同じです。
このとき、太い左の杭は、大きな水平力を分担します。細い右の杭は、小さな水平力で同じだけの水平変位が生じます。
したがって、太い左の杭のほうが、杭頭モーメントも大きくなるのです。


あえて「
こう考えると間違える!」という考え方を説明してみます。
杭径が大きいと(=杭の剛性が大きいと)、硬くなり、変形が小さくなるので杭頭モーメントは小さくなる、と考えると間違えます。
杭全部が太くなるのではなく、太い杭と細い杭が混在していて、一つの建築物の杭なので、太くても細くても、どちらも変形は同じなのです。このとき、太い杭のほうが大きな力を負担するのです。したがって、水平力も杭頭モーメントも大きくなるのです。


 



tac_kentikushi at 22:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年12月01日

【速報】平成28年 2級建築士試験 合格発表!

こんにちは、セイタですせいた


本日、
公益財団法人 建築技術教育普及センター
より、
平成28年の二級建築士 設計製図試験の合格発表がありました。


合格者の皆様、本当におめでとうございます


〇製図実受験者数 11,159名

〇合格者      5,920名

〇合格率      53.1%


ランクⅠ、Ⅱ、Ⅲ、Ⅳのそれぞれの割合は次のとおりで、「ランクⅠ」のみが合格となります。

ランクⅠ:53.1%(合格)

ランクⅡ:16.3%

ランクⅢ:18.1%

ランクⅣ:12.5%


今年は学科の合格率が近年の中で一番高かったこともあり、製図試験で合格者が絞られることが予測されましたが、結果はほぼ例年通りの合格率でした


ただ、今年は木造の課題であったこともあり、昨年のRC課題の時に比べ、やはりランクⅣ(未完成及び失格)は昨年の2倍ほどに増えたことが特徴です。

作図量が多かったことで未完成になった人や失格事項に該当した人などが多かったのではないでしょうか



さてさて、気になるTACの受講生の合格率ですが、
速報値では教室では76.2%(番号申告者のみ)、
個別DVD、通信生を含めても72.4%(番号申告者のみ)で、大変多くの受講生が合格されています

数少ない厳選課題(たったの8課題!)でも合格できるという証明です

来年度は、さらにさらに多くの合格者を輩出できるよう、講師一同、さらなる努力を継続していく所存です。




さて合格発表があったばかりでまだ気が早いかもしれませんが、
TACでは、来年度の製図試験の受験を考えていらっしゃる皆様に対し、今から学習をスタートできるよう、
過去の本試験問題から厳選した課題(4課題)の添削+作図手順DVD」が付いてる講座も提供しております。

いち早くスタートを切って、今から差をつけましょう

詳細は
こちらをご覧ください。



井澤式 建築士試験 比較暗記法 No.404(水平地盤反力係数と杭頭モーメント・水平変位)

井澤ですいざわ

■問題1
長い杭において、杭頭が固定の場合、杭の曲げ剛性、杭幅及び杭に作用する水平力が同じであれば、水平地盤反力係数が大きいほど杭頭の曲げモーメントは小さくなる。
(一級構造:平成12No.18
■問題2
長い杭において、杭の曲げ剛性、杭径及び作用する水平力が同じであれば、杭頭の水平変位は、水平地盤反力係数が大きいほど大きくなる。
(一級構造:平成25No.24

――――――――――――――――――――――
■解答
 問題1 正。
 問題2 誤。杭頭の水平変位は、水平地盤反力係数が大きいほど小さくなる。
――――――――――――――――――――――

No.402
(水平地盤反力係数と杭径・群杭)で説明したとおり、
水平地盤反力係数とは地盤の硬さ」です。
水平地盤反力係数が大きいということは、地盤が硬いということです。
地盤が硬ければ、杭には湾曲も水平変位も生じにくくなります。
したがって、杭頭モーメントも小さくなり、杭頭の水平変位も小さくなります。

――――――――――――――――――――――
ポイント:水平地盤反力係数と杭頭モーメント・水平変位
■水平地盤反力係数が大きいと
杭頭モーメントは小さくなる
杭頭の水平変位は小さくなる
――――――――――――――――――――――