TAC建築士講師室ブログ

TAC建築士講座の講師・スタッフのブログです。

いざわ
井澤です。

「実例」暗記法は、今回が最終回です。
「比較暗記法」と同様に、近々に目次を作りますね。

――――――――――――――――――――――

カステルヴェッキオ美術館
(イタリア)
■問題216
ヴェローナ(イタリア)のカステルヴェッキオ美術館は、歴史的建造物であった古城を市立美術館へ再生させたものである。
(一級計画:平成24No.3改

■リンク
http://ameblo.jp/tonton3ab/entry-12066822930.html

■解答 正。平成
24No.3は「古城」の部分が「市庁舎」となっている誤りの枝で出題されました。設問は、それを正しくした問題です。「カステルヴェッキオ」とは「古城」という意味です。改修設計はカルロ・スカルパです。

――――――――――――――――――――――

ハイライン
(アメリカ)
■問題217
ハイライン(ニューヨーク市)は、1980年に廃線となった貨物列車用の高架線路上を緑道や公園へ再生させたものである。
(一級計画:平成27No.17

■リンク
http://www.newyorker.co.jp/magazine/pickup/from_ny/post_27/

■解答 正。平成
27No.17は「1980年に廃道となった高速道路を、路面上は緑道、高架下は大規模なショッピングモールへ再生させたものである。」という誤りの枝で出題されました。「高速道路」ではなく「高架線路」です。また、高架下は大規模なショッピングモールとして使われていません。

――――――――――――――――――――――

ジェミニ・レジデンス
(デンマーク)
■問題218
ジェミニ・レジデンス(コペンハーゲン市)は、港湾施設として使用されていたサイロを改修し、集合住宅へ再生させたものである。
(一級計画:平成27No.17

■リンク
https://www.mvrdv.nl/en/projects/frosilio
↑改修設計を行ったオランダの設計事務所 MVRDV(エム・ヴィ・アール・ディ・ヴィ)のホームページです。右下の「VIEW GALLERY」から15枚の写真を見ることができます。
2枚目がサイロ(穀物飼料などの貯蔵庫)です。これを集合住宅にコンバージョンするとは!

■解答 正。
MVRDVの他の作品も見てみてください。刺激的です!
https://www.mvrdv.nl/en/projects
MVRDVは、レム・コールハース氏(ネクサスワールド香椎レム棟・コールハース棟の設計者)の主宰する設計事務所OMAの出身者が主となって設立した設計事務所です。なお、ザハ・ハディド氏もOMAの出身です。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

はじめにお伝えしたとおり、「実例」暗記法は、今回が最終回です。
最後の問題218で、現代最高の建築家とも称されるレム・コールハース氏つながりで最終回を迎えられたことに少し喜びを感じています。

実例を過去問の字面で覚えるほど苦痛なことはありません。
その一方、実例の写真を見るほど楽しい勉強もないように思います。

百聞は一見に如かず。
好きこそ物の上手なれ。

すごいな、面白いなと興味を持てたら「実例」は「勝ち」です。


さて、第1弾「比較暗記法」、第2弾「実例暗記法」が終了しまして、第3弾は、「井澤式 建築士試験 法規逐条解説(ちくじょうかいせつ)」を始めていきます。
法令を1条ずつ、あるいは1項ずつ、趣旨と出題を確認し、片っ端から丹念にマスターしていこうという企画です。

乞うご期待!




 

ほんだこんにちは、ホンダです。
二級に引き続き、平成29年の一級建築士本試験についても、試験案内が公表されました。

【申込期間】
・郵送での試験申込期間 4月17日(月)~5月1日(月)
・webでの試験申込期間 4月10日(月)~4月17日(月)
・窓口での試験申込期間 5月11日(木)~5月15日(月)

※本年から、webでの申込期間のみ二級と同日になりました。締切が早いので要注意です!
初受験者は、webでの申込はできません
 郵送または受付窓口での申込となるので注意してください。

また上記申込前に、予め「受験申込書」を郵送または窓口で入手すること、必要書類を準備することなど、事前にやることがいろいろとあります。昨年から、実務経験を証明する書類の様式が変更になり、勤務先ごとに記入するものに変わっています(二級も本年から同様の様式に変わりました)。


・製図課題の公表月21日(金)
・学科試験日 7月23日(日)
・学科試験合格発表月5日(火)
・設計製図試験日 10月8日(日)
・最終合格発表 12月21日(木)


試験日程等の詳細は、こちらをご覧ください。 

受験手続はくれぐれも早め早めにお済ませください。
準備万端にして、学習に余念を挟まないようにしましょう。
 

いざわ
井澤です。

問題214のテイト・モダンの改修設計を行ったのは、今注目のエルプフィルハーモニーを設計したヘルツォーク&ド・ムーロンです。
http://travel.watch.impress.co.jp/docs/news/tabirepo/1037713.html

――――――――――――――――――――――

目黒区総合庁舎
(東京都目黒区)
■問題211
目黒区総合庁舎(東京都目黒区)は、民間企業の本社屋として建築された建築物を、耐震補強、設備改修等を行ったうえで、庁舎として再生・転用したものである。
(一級計画:平成28No.

■リンク
http://www.japan-architect.co.jp/Project_Root/SK00007326/pict/pict_c3/SK00007326_21196_web.jpg
↑新建築の写真です。
http://www.city.meguro.tokyo.jp/shisetsu/shisetsu/chosha/muranotogo/index.html
↑目黒区のホームページです。6つのリンク先を確認してください。
http://www.yasui-archi.co.jp/ys/design/02.html
↑改修設計を行った安井建築設計事務所のホームページです。

■解答 正。元設計は村野藤吾氏です。

――――――――――――――――――――――

アイアンブリッジ渓谷博物館
(イギリス)
■問題212
近年の日本では、近代の建造物を近代化遺産として保存する動きがあるが、イギリスのアイアンブリッジ渓谷博物館(1973年一般公開)は、複数の産業・土木遺構を現地で再生して展示し、環境教育の場としている。
(一級計画:平成10No.25

■リンク
https://www.travelbook.co.jp/topic/69
アイアンブリッジ(鉄の橋)は、世界初の鉄橋です。2ページ目に渓谷博物館の写真があります。

■解答 正。

――――――――――――――――――――――

オルセー美術館
(フランス)
■問題213
パリ(フランス)のオルセー美術館は、鉄道の駅舎を印象派の作品を中心とする美術館へ再生させたものである。
(一級計画:平成24No.

■リンク
http://jp.france.fr/ja/discover/34977
↑TOPバナーの3枚の写真が自動で入れ替わります。
http://www.mmm-ginza.org/museum/special/backnumber/0612/special01.html
↑駅舎だった頃や改修工事中の写真もあります。

■解答 正。

――――――――――――――――――――――

テイト・モダン
(イギリス)
■問題214
ロンドン(イギリス)のテイト・モダンは、第二次世界大戦後の復興時に建設された火力発電所をモダンアートの美術館へ再生させたものである。
(一級計画:平成24No.

■リンク
http://viaggiare.blog.so-net.ne.jp/2006-07-07
http://gigazine.net/news/20140321-tate-modern/
↑「タービンホール」に巨大なタービンが置かれていたときのことをイメージするとワクワクしてきませんか?
http://livedoor.blogimg.jp/nappi11/imgs/e/0/e0374367.jpg
↑この写真はあくまでタービンのイメージです。テイト・モダンのものではありませんので悪しからず。
https://www.britishcouncil.jp/programmes/arts/topics/tate-modern-switch-house
↑新館です。

■解答 正。
「テイト(Tate)」とは、イギリスの国立美術館ネットワークのことです。

――――――――――――――――――――――

リンゴット工場再開発(イタリア・トリノ)
■問題215
リンゴット工場再開発(トリノ)は、巨大な自動車工場を、見本市会場、音楽ホール、ホテル、会議場等からなる複合施設にしたものである。
(一級計画:平成25No.

■リンク
http://www.rpbw.com/project/62/lingotto-factory-conversion/
↑設計者であるレンゾ・ピアノ氏のホームページです。
一番上にスケッチと写真が10枚あります。△で右に進みます。
下のほうにある「Drawings」で図面が5枚見られます。
http://japan.digitaldj-network.com/articles/13877.html
↑改修前のフィアットの自動車工場です。屋上のテストコースが有名でした。

■解答 正。




 

↑このページのトップヘ