TAC建築士講師室ブログ

TAC建築士講座の講師・スタッフのブログです。

皆様、明けましておめでとうございます。
ホンダですほんだ

午年の新年につき、富士とポニーの写真などいかがでしょうか。
写真

あっという間に三が日が過ぎ去りましたね。
この三日間で飲んだアルコールの種類と総量を考えるとゾッとしますが、そろそろ正月気分から抜け出さないと。

今年はソチのオリンピックやらワールドカップやら国際的な大イベントが目白押しですが、
建築士受験生の皆様は年末の合格という吉報に向けて、一気に突っ走りましょう。
皆様にとって、最高の1年になりますように。

こんにちは、ホンダですほんだ

安藤忠雄先生の講演会も終わり、TACもいよいよ仕事納めになります。
安藤先生は、「ヴィジョンとワーク」が何より重要とおっしゃられていましたけど、
まさに、新年を迎えるこの時期、新しい年のヴィジョンを立てたいものです。

ヴィジョンといえば、TACも新しいヴィジョンを公表しました。
それは、なんとコンテンツのクオリティーにおいて他の追随を許さない進学塾の
「Z会」と業務提携をしたのです!

http://news.nifty.com/cs/economy/stockdetail/tech-b-20131227-201312271553/1.htm

社会人教育のTACと進学塾のZ会との業務提携は、
教育業界における一大ヴィジョンとして、新年大きな話題となるでしょう。
是非ご注目あれ!

井澤ですいざわ

建築の設計において、サイン計画は建築の使いやすさを左右するとても重要な要素です。
便所のサインってすごいですよね。
便所となんら関係ない絵なのに!

toilet

これらのサインはピクトグラムとも言いますが、東京オリンピックの際に外国人にもわかるように考え出された、日本が誇る「おもてなし」のひとつです。

サイン計画に関する建築士の出題では、安全色(JIS-9103)ついて一級建築士で何回も出題されています。
出題のポイントは、
緑の意味(表示事項)は「安全状態・進行」
青の意味(表示事項)は「指示・誘導」
この2つを混同しないことです。

平成25年にも正答枝で出題されました。

信号が緑か青かという議論がありますが、JIS上は「緑」ということになりますね。

↑このページのトップヘ