TAC建築士講師室ブログ

TAC建築士講座の講師・スタッフのブログです。

こんにちは!ホンダですほんだ


いよいよ本年度の一級建築士 学科試験が迫ってきました。

TACでは、二級建築士に引き続き、

下記のスケジュールで一級建築士学科試験の解答速報を実施します。

本試験(7/28)当日 午後9時 
 本試験総評の公開
 計画と環境・設備の解答番号の公開

本試験翌日(7/29) 午後2時
 本試験合格推定点の公開
 法規・構造・施工の解答番号の公開
 
 ※ 公開時間は若干変動する場合があります。

氏名等の登録は一切不要で、

全問の解答番号・合格推定点・総評をご覧いただけます。

試験結果の自己採点等に、ぜひご活用ください!

→一級建築士学科試験解答速報はこちら

そして、合格を確信された方は、すぐに設計製図対策をはじめてください!

_D3S5663

TACでは、8/17からの「設計製図本科生」の開講に先立ち、
下記のとおり、設計製図プレ講義を開催します。

設計製図プレ講義
8/10 八重洲校
8/11 新宿校、渋谷校、梅田校

参加無料・予約不要です。直接会場にお越しください。

→一級建築士 設計製図プレ講義の詳細はこちら

TACは、試験後も皆様を応援します!

合格に向けて頑張ってください!

こんにちは、ホンダです。ほんだ

東京復活大聖堂って知ってますか?
そう、御茶ノ水のニコライ堂のことです。

日本では数少ないビザンティン様式の教会建築で、
国の重要文化財に指定されている石造りの平家建て建物です。

実は、母の付き添いでニコライ堂の隣にある井上眼科に行き、
長~い待ち時間に飽きて、11階から外を見たらこんな感じでした。
ドーム形の屋根の緑青がきれいですね。

IMG_0982

上からだと分かりにくいかもしれませんが、
屋根の突端には十字架が飾られています。


ここから徒歩1分で聖橋、橋を渡ると湯島聖堂があります。
江戸時代に昌平坂学問所として用いられていたものです。
これも立派な建物で、孔子や孟子が祀られています。

http://www.seido.or.jp/


さだまさしさんの「檸檬」という曲の冒頭に、
「あの日、湯島聖堂の石の階段に腰掛けて・・・」
というくだりがありますが、
私は湯島聖堂をこの曲で知りました。


湯島聖堂を出て2分で神田明神です。
江戸三大祭で有名な神田祭でおなじみですね。
今年は本祭りが4年ぶりに行われました。

http://www.kandamyoujin.or.jp/


本殿は国の登録有形文化財となっていて、
ここの本社神輿はかなり大きい!


湯島聖堂も神田明神も関東大震災で消失し、
RC造で復元されたものです。

でも、御茶ノ水の駅から徒歩5分圏内にこんなに素晴らしい
建物があるんです。


えっ?ここらが下町かって?
神田といやぁ下町でしょ~

こんにちは、ホンダですほんだ
講師室では、今年の二級学科試験の解説原稿があがり、
現在、校正作業に入っています。

今年、難しかった法規ですが、
改めて問題と解説を見ていて気になった点があります。

まず、出題された関連法令ですが、
建築士法の2問と長期優良住宅法の1問を除き、
他の2問は選択枝ごとに根拠法令が異なる混合問題でした。
つまり、10種類の法律が2問で出題されました。

建設業法
都市計画法
土地区画整理法
瑕疵担保履行法
品確法
建設リサイクル法
消防法
宅建業法
バリアフリー法
耐震改修法

これだけの法律、及び施行令や施行規則が2問で出題されたのです。
まるで数年前の一級の問題のような印象を受けました。

また、長期優良住宅法の正解枝は、
認定変更の手続きが不要となる軽微な変更に該当するか否かを問うものでしたが、
耐震改修法の枝も、同趣旨の問題でした。
やや、クイズ的な出題で、今までの二級建築士の問題らしくないですね。

一方、建築基準法の問題ですが、
それなりに典型的な論点が出題されてはいましたが、
個々の選択枝は、ことごとく難易度が上がっていたようです。

例えば定番の用途制限の問題も、
正解枝は近隣商業地域で日刊新聞の印刷所の建築の是非を問うもので、
別表の正確な読み取りが必要とされる難問でした。
(もっとも、消去法で考えれば解けたと思いますが)

また、接道義務に関する問題は、
特定行政庁が許可する基準に関する規則を根拠とする枝がありながら、
問題の前提文で「特定行政庁の許可はないものとする」、とあるため、
非常にひっかかりやすい作りになっていました。

ということで、
建築基準法についても、問題作成者が変わった気がします。

次年度の受験生にとっては対策が気になるところですが、
いずれにしても、法規で得点を稼ぐ時代は終わったのかもしれません。
4科目、バランス良く学習することが、より重要になったといえるでしょう。







↑このページのトップヘ