TAC建築士講師室ブログ

TAC建築士講座の講師・スタッフのブログです。

講師の井澤です。いざわ

今年の課題について基本的なところを確認しておきましょう。



セミナーハウスって何?

セミナーハウスとは、宿泊機能と研修機能をもつ施設をいい、日本建築学会編の建築学用語辞典では次のように定義されています。

「学生と教師が集中的に講義をしたり、討論をしたりするためにつくられた校外研修施設。宿泊施設を伴うものもある。」

設計製図の課題としては、宿泊施設は必ず伴うでしょう。



企業のセミナーハウスと大学のセミナーハウスの違いは何?

企業の場合と比較することで大学のセミナーハウスへの理解が深まると思います。

①立地

企業のセミナーハウスは市街地、大学のセミナーハウスは豊かな自然環境の立地という傾向があるでしょう。大学の場合は、ただ集まるだけであれば大学キャンパスを使えばよいですからね。

②宿泊室

企業のセミナーハウスは2人室が多いですが、大学のセミナーハウスの場合は、4人室以上の多人数の宿泊室を設ける例も多く見られます。トイレ、浴室は階で共用という場合もあるでしょう。

③研修室

大学のセミナーハウスの場合は、研究室単位での比較的小規模な研修室を多数設ける例が多く見られます。一方、企業のセミナーハウスの場合は、比較的大規模な研修室が多いです。



とりあえず、はじめはこれぐらいの知識を持っておきましょう。

学科試験を受験される方にとっては、まずは日曜日が勝負ですからね
力まずに落ち着いて頑張ってください

こんにちは、ホンダですほんだ

本日、平成25年度の一級建築士設計製図の課題が次のように発表されました。

〔課題名〕 
   大学のセミナーハウス

〔要求図書〕
 ● 1階平面図兼配置図(縮尺1/200)
 ● 2階平面図(縮尺1/200)
 ● 断面図(縮尺1/200)
 ● 2階梁伏図(縮尺1/200)
 ● 面積表
 ● 計画の要点等

(注)要求図面に、図示又は記入するもの
 ・ 主要寸法、室名、床面積
 ・ 構造種別、架構形式等に応じて必要となる構造要素
 ・ 柱、梁等の断面寸法
 ・ 設備スペース、設備シャフトの位置
 ・ 避難階段に至る歩行距離・歩行経路   等
 

平成8年に「景勝地に建つ研修所」という課題がありましたが、
「セミナーハウス」は、初出題です。

宿泊施設と研修所等が一体化された建築物が想定されますが、
詳細は、8/10.8/11のプレ講義をお楽しみに!

こんにちは、ホンダですほんだ

いよいよ28日の日曜日は一級学科試験ですね。

すでにご連絡した通り、
TACのホームページでは当日と翌日の二日にわたって解答速報を行いますが、
実は、ホームページよりも、
この講師室ブログの方が時間的に早く解答を表示する予定です。

なにせ、解答速報は講師室発の情報なので、
このブログファンのみなさんに、いち早くという趣旨です。

ただし、一級の解答速報は、〇とも×とも言えるような選択枝があったりで、
けっこう大変です。

当日は、無事に解答を出せるよう、講師一同頑張ります。
ご期待ください。

↑このページのトップヘ