TAC建築士講師室ブログ

TAC建築士講座の講師・スタッフのブログです。

ほんだこんにちは、ホンダです。

本日、平成25年度一級建築士 設計製図試験の合格発表がありました。
9830人が受験し、合格者が4014人、合格率が40.8%という結果で、ほぼ例年通りの結果となりました。
詳細は、建築技術教育普及センターのホームページをご覧ください。

ランク別の数値は、ランク Ⅰ が40.8%、以下、ランクⅡが27.3%、ランクⅢが19.2%、ランクⅣが12.7%ということで、ランク Ⅰ の方のみが合格です。  

TACでは、良い結果が出ている模様です。
数字が判明次第、ご報告いたします! 

井澤ですいざわ
久しぶりの投稿になります。
この時期は次年度用教材の準備等が忙しく、ついついご無沙汰してしまいました。

最近、といっても半年?1年?ぐらい前でしょうか、読んだ本でとてもためになったものに「東大のディープな日本史」があります。東進ハイスクール講師の相澤理さんが書かれたベストセラーで、内容のわかりやすさ、おもしろさはもちろん、私にとって印象的だったのが「はじめに」の中の次の文章です。

「言葉に魂を込めて書きました。どうぞ二度読んで、味わい尽してください。筆者は、どんな書籍も二度読んではじめてその価値がわかると考えている、古い人間です。」

私も教材の原稿を作る際には、6回も7回も読み直しながら書いていますので、この「魂を込めて」という部分にとても魅かれたのです。
そしてこれ以後、読んだ本はすべて二度読んでいます。

この効果が本当に大きいのです!

一度目はこんなに読みが浅かったか、とびっくりしてしまいます。
ざっくり言って、一度目の理解度は40%、二度目でようやく80%ぐらいでしょうか。

皆さんの受験勉強でもまったく一緒のことが言えますよね

ほんだこんにちは、ホンダです。

今回の講師紹介は、「清田 和歳(せいたかずとし)」講師せいたです。

彼は、このイラストを見ていただいても分かるとおり、サーファーです。
といっても、普通のサーフィンじゃなく、スキムポードという波打ち際のサーフィンの愛好家です。
スキムポードをご存じない方は、YouTubeのこの動画をご覧ください。
もっともこの動画はツワモノ揃いで、彼はいませんが。
彼自身の実力は定かではありません・・・


と、まぁどう見ても湘南のチャラチャラ小僧にしか見えないんですが、彼は大手ハウスメーカーの設計実務を経験してきた一級建築士で、その後、10年ほど前に建築士教育業界に移ってきました。
TACでは施工や計画のほか、設計製図講座も担当しています。

現在TACで使用している施工のテキストは、一級も二級も彼が著者なんですが、その出来栄えが凄い。
何が凄いかって、彼自身が受験当時に施工で苦労したため、図が1000点近く入れてあるんです。
施工の学習が単なる丸暗記にならないように、少しでもイメージが伝わるようにという配慮です。

確かにとってもいいテキストなんですが、1000点近くもイラストレーターで図をおこしたので、製作費が大変でした。良いもののためには手間も金も惜しまないタイプなんですね。。。

ということで、そのうち簿記3級でもとってもらい、経費感覚も身につけていただきたいと思っています。
でも、講義も手間暇惜しまないので、受講生にとっては本当に良い先生です。
温かく見守らなきゃ。

↑このページのトップヘ