TAC建築士講師室ブログ

TAC建築士講座の講師・スタッフのブログです。

井澤ですいざわ

■問題
囲まれた色、挟まれた色等が、その周囲の色に近づいて見える現象を同化という。
(一級環境・設備:平成16No.7

――――――――ポイント――――――――
囲まれた色、挟まれた色等が、
・その周囲の色に近づいて見える現象が同化
・その周囲の色と相違が強調されて見える現象が対比
――――――――――――――――――――

ペアで覚えましょう。

■解答

井澤ですいざわ

またまたXYZ表色系に関する問題です。

■問題1
XYZ表色系における三つの刺激値のうちのYは、光源色の場合には、光束等の測光量に対応している。(一級環境・設備:平成18No.7
■問題2
放射エネルギーが同じ場合、人の目(明所視)には、赤色よりも緑色のほうが強く感じられる。(一級環境・設備:平成7No.6

――――――――――――――――――――
■解答
問題1、2ともに正。

問題1の「光束等の測光量」とは「明るさ」のことです。
問題2のとおり、人の目は緑(G)を強く感じるので、緑(G)の混合量であるYが「明るさ」に対応しています。

問題1と問題2は、ペアで覚えておいてください。
問題2は、実は№19でも扱った問題です。復習のためにそちらも見てくださいね。

井澤ですいざわ

次は、№25と№26のポイントを合体させたような問題です。

■問題
XYZ表色系におけるxy色度図上においては、xの値が増大するほど緑が強くなり、yの値が増大するほど赤が強くなる傾向がある。
(一級環境・設備:平成20No.7改)
――――――――――――――――――――
XYZ表色系は、一般に光の色を表記するのに用いられるんでしたね。
また、光の色の三原色は「赤()・緑()・青()でしたね。

そこから連想できると思いますが、XYZの順番は、RGBの順番と対応しています。
すなわち、
X→Red(赤)の混合量
Y→Green(緑)の混合量
Z→Blue(青)の混合量

XYZ表色系は、このR、G、Bの3つの混合量で光の色を表記します。
XYZとRGBをペアで覚えておいてください。
――――――――――――――――――――
解答
誤。
xの値が増大するほど赤が強くなり、yの値が増大するほど緑が強くなります。

↑このページのトップヘ