TAC建築士講師室ブログ

TAC建築士講座の講師・スタッフのブログです。

井澤ですいざわ

■問題
三相3線式は、主として、照明用とコンセント用の電力を、同一回線で供給する方式である。(一級環境・設備:平成6年No.23

――――――――ポイント――――――――
単相・・・電灯幹線(電灯・コンセント用)
三相・・・動力幹線(電動機(モーター)用)
――――――――――――――――――――
単相は単一の正弦波による交流電力、三相は位相が1/3周期ずつずれた3つの正弦波による交流電力です。
three-phase

位相とは、ある時刻に波のどの部分が現れるかを示す値で、

三相の3つの正弦波の位相は120度ずつずれながら回転しています。

この回転がモーターの回転を生じやすいため、三相は動力幹線(電動機(モーター)用)に用いられます。

■解答

 誤

井澤ですいざわ

■問題1
照明率は、照明器具内の光源から出る光束のうち、作業面に入る光束の割合である。(オリジナル)
■問題2
光束法による平均照度計算において、照明率に影響を及ぼす要素に、室指数、室内反射率及び照明器具の配光は含まれるが、保守率は含まれない。
(一級環境・設備:平成15No.22



保守率の定義については過去に出題されているのですが、照明率の定義はまだ出題されておらず、そろそろ狙われそうな予感です。
――――――――ポイント――――――――
照明率
・照明器具内の光源(ランプ)から出る光束のうち、作業面に入る光束の割合。
 ()照明器具内の光源から10出た光束のうち、
   作業面に6の光束が入れば照明率は0.6である。
・室指数(室の形状を表す)、室内反射率及び照明器具の配光によって異なる。
保守率
・作業面の「初期の平均照度」に対する「ある期間使用後の平均照度」の割合。
 ()初期照度が10で、ある期間使用後の照度が7であれば
   保守率は0.7である。
・ランプの経年劣化やほこり等による照明器具の効率の低下をあらかじめ
 見込んだ定数。
・照明器具の形式及び使用場所等によって異なる。
――――――――――――――――――――
・照明率、保守率は、ともに光束法による照明計算で用いられます。
・照明率の定義の分子である「作業面に入る光束」には、直射光だけでなく
 反射光を考慮するため、照明率は室内反射率によっても異なります。
・照明率と保守率は独立した係数ですから、問題2も正しい記述です。

■解答
 問題1、2ともに正

井澤ですいざわ

■問題
「BOD」は、生物化学的酸素要求量のことであり、水質汚濁を評価する指標の一つである。(二級計画:平成22No.19

――――――――ポイント――――――――
BOD
 →生物化学的酸素要求量(Biochemical Oxygen Demand
COD
 →化学的酸素要求量(Chemical Oxygen Demand
――――――――――――――――――――
BODは、汚濁物質を微生物が生物化学的に酸化分解するときの酸素の量で表し、CODは、酸化剤で化学的に酸化分解するときの酸素の量で表します。
意味はさておき、アルファベットと和名の対応が分かれば試験対策としては十分です。
Bはバイオ(生物)、Cはケミカル(化学)ですから、簡単ですね!
また、ともに単位が[mg/(リットル)]であることも覚えておきましょう。

■解答
 正

↑このページのトップヘ