TAC建築士講師室ブログ

TAC建築士講座の講師・スタッフのブログです。

こんにちは。

大変お待たせいたしました。
2020年版TAC建築基準関係法令集の線引きデータ(1級用)をアップいたしました!

※2級線引き集は2020年1月上旬から順次配信予定です。


① 建築基準法
② 建築基準法施行令、施行規則
③ 
その他関係法令

  リンクはこちら
     なお、線引きには、こすると消えるPILOT FRIXION(フリクション)がお奨めです。
    ① オレンジマーカー
    ② オレンジ0.5mm(下線用)
    ③ ピンクマーカー
    ④ ブルーマーカー又はソフトブルーマーカー(好みに応じていずれか)
    ⑤ ライトブルー0.5mm(下線用)
    ⑥ イエローマーカー
    この6種(4色)をご用意ください。

    オレンジは、ポイントにマークする基本色
    ピンクは、用語の定義等
    ブルーは、ただし書や除外規定
    イエローは、法と令の関連等

    という意味合いで線引きをしています。

    年末年始のお休み中に、しっかり法令集のカスタマイズを終わらせておきましょう!! 

    こんにちはtashiro

    梅田校に続き、一級学科の教室を京都校・なんば校で開講することが決定し、
    講師が語る!「開講記念イベント」を以下で実施します。

    終了後は講師に直接質問も可能!!

    2020kyoto

    2020nanba

    https://www.tac-school.co.jp/kouza_kenchiku/kenchiku_gd_gd.html#nittei


    参加特典TAC入会金(10,000円・10%税込)プレゼント中!!

    お気軽にご参加ください

    井澤ですいざわ

    本日、一級建築士設計製図再試験を受験された皆様、
    課題発表後、4カ月にも渡る長い間の受験勉強、
    さらに本日の再試験、本当にお疲れ様でした。
    さっそく第一報のプランをご確認ください。
    事務室が過小ですが。。

    TAC plan_191208


    講評としては、初見では、10/13の本試験とほとんど変わらないように見えつつ、
    実際に解いてみると、まったく違う難しさがある試験となりました。

    難しさの主な要因としては、次の内容が挙げられます。

    1.屋上庭園の設置階が2階であること。
    したがって、多目的ホールの上部には計画できません。

    2.多目的ホールの設置階は、記述(1)のとおり、
    講演等において、多目的ホールを多くの者が利用する場合があることを
    踏まえると1階が想定されますが、
    屋上庭園を避けて計画しなければなりませんので、
    上記プランでは多目的ホールは北側に計画しています。

    3.アトリエ関連諸室は、屋上庭園との関係で2階と決まりますが、
    多目的ホールを1階に設けたときは、
    アトリエ関連諸室を2階にすべて計画するのが面積的に厳しいと思います。
    また、展示関連諸室が1階と3階に分かれていいのか
    という迷いも生じやすいところですが、必然的にそうなってしまいます。

    4.駐車場等を設けるために、東西3スパンの計画が想定されますが、
    南北に細長い計画は難しくなりやすいといえます。

    5.本館との関係から、メインアプローチは北東が想定されるため、
    管理諸室が南東になるのも計画が難しくなる要因です。

    6.10/13の本試験と同様、8mスパンなどを活用したスパン調整や、
    PC上部の諸室の計画なども活用しないとまとまりにくい課題であったと言えます。

    以上、簡単な講評ですが、第一報とします。
    皆様、本当にお疲れさまでした。


    ---------
    【受講生の皆様にお知らせ】
    TAC受講生の皆様にはマイページ上などで今回の試験のアンケートを12/11(水)夕方ごろUPする予定ですので、ご協力をお願いします。
    ---------
    【設計製図セミナー日程変更について】
    当初予定していた12/20および1/29(水)のセミナーについては、試験が延期されたため中止とさせていただきます。

    2月より順次実施して参ります。詳細はこちら→

    どうぞよろしくお願いいたします。(2019年11月29日 現在)




    ↑このページのトップヘ