井澤ですいざわ

 

■問題

音圧レベルを一定にした状態において、周波数を変化させたとき、音の大きさ(ラウドネス)は変化する。(一級環境・設備:平成13No.6

――――――ポイント――――――
・音の強さ(単位面積を単位時間に通過する音のエネルギー)・・・物理量
・音圧(音によって生じる大気圧からの圧力変化)・・・物理量
・音の大きさ(人の耳に感じる大きさ)・・・感覚量
音の大きさは周波数によって変化し、一般に、低音より高音のほうが大きく感じられます。つまり人の耳は低音には鈍感です。
――――――――――――――――
■解答