井澤ですいざわ

 

■問題1
音圧レベルが等しい純音を聴くと、一般に、1,000zの音より100zの音のほうが小さく感じられる。(一級環境・設備:平成20No.6改)

■問題2
騒音レベルは、A特性で感覚補正された量であり、低音域が優勢な騒音に対して、その値は、音圧レベルの値よりも低い値を示す。(一級環境・設備:平成24No.1

――――――――――――――――――――――――
ペアで覚えるべき問題です。

ポイントは、ズバリ「人の耳は低音には鈍感」ということです。
身近な例としては、女性の高い声が大きく聞こえるのに対して、男性の低い音は小さく聞こえることが挙げられます。

ですから、問題1のように、音圧レベルが等しくても、人の耳には1,000zの高音よりも100zの低音のほうが小さく感じられます

問題2の「騒音レベル」は、この「人の耳は低音には鈍感」という特性を考慮して、純粋な物理量である音圧レベルの値を、低音の場合は小さく、高音の場合は大きくなるように補正した音圧レベルです。
したがって、低音の騒音レベルは、音圧レベルの値よりも低い値を示します
なお、騒音レベルは、「A特性音圧レベル」ともいいます。A特性=聴覚の周波数特性ということです。 


■解答
問題1、2ともに正。