井澤ですいざわ

■問題
給水設備において、飲料水系統と雑用水系統とを別系統とすることにより、雑用水系統の受水槽は床下ピットを利用したコンクリート製水槽とすることができる。
(一級環境・設備:平成16No.18

――――――――ポイント―――――――――
飲料用受水槽
 6面点検できるタンクとして設け、建築物の躯体を利用してはならない。
雑用水・消火専用受水槽
 建築物の躯体を利用してもよい。
――――――――――――――――――――
■解答