井澤ですいざわ

問題
モビリティハウスとは、車いす使用者の個々の障がいの特性に対応するため、可変間仕切や上下可動の衛生設備等を備えた住宅である。
(一級計画:平成12No.9

モビリティハウスもアジャスタブルハウスも、車いす使用者等の身体障がい者に配慮した住宅です。

―――――――ポイント―――――――
■モビリティハウス
・車いすの移動に支障がない住宅。
 具体的には通路幅が確保され、段差のない住宅です。
■アジャスタブルハウス
・障がい者の特性に合わせて、可変間仕切りや上下可動の衛生設備などを備えた住宅。
 流し台の高さを調整できたりします。
―――――――――覚え方―――――――――
モビリティは「移動」の意味。ここでは車いすの移動を意味する。
 モバイル端末とは、移動体端末のことですね。
アジャスタブルは「調節可能」の意味。
 机やいすの高さ調整器具をアジャスターといいますね。
――――――――――――――――――――
■解答
 誤。 設問は「アジャスタブルハウス」に関する記述です。