井澤ですいざわ

■問題
大規模な事務所ビルの計画において、片側採光の事務室の奥行寸法を最大で14mとした。
一級計画:平成20No.10

――――――――ポイント――――――――
■片側採光の事務室の奥行
 最大14
■両側採光の事務室の奥行
 最大28
――――――――――――――――――――
片側採光の14mは、7mスパンで考えれば2スパン分です。
両側採光は、単純に倍。
――――――――――――――――――――
■解答
 正

自然採光における均斉度を考えているわけですね。
さて、「環境・設備」で出題される片側採光の場合の均斉度の基準は?
―――――――ポイント―――――――――
・片側採光
・タスク・アンビエント照明
は、ともに均斉度を1/10以上とすることが望ましい。
――――――――――――――――――――
均斉度については、バックナンバーのNo.22でまとめていますので、参照してください。
→画面右下のアーカイブ(2014年03月10日)からどうぞ。
「2014年3月」をクリックすると、同じ場所にカレンダーが現れます。