井澤ですいざわ

■問題1
事務所ビルの1階玄関ホールにおいて、受付カウンターの高さを120cmとした。
(一級計画:平成10No.15
■問題2
シティホテルのフロントカウンターの高さについては、一般用を85cm、車いす使用者用を75cmとした。
(一級計画:平成16No.15
■問題3
飲食店において、立位で食事をするためのカウンターの高さを、床面から100cmとした。
(二級計画:平成21No.16改)

―――――【カウンターの高さ】ポイント―――――――
① 事務所ビル等の受付・案内カウンター  100cm程度
② ホテルのフロントカウンター      110cm程度
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
③ 車いす使用者用     用途に関わらず70cm程度
④ 図書館の貸出用カウンター       70cm程度
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑤ 飲食店の立位で食事するカウンター   100cm程度
⑥ スーパーマーケットのレジカウンター及び包装台 70cm程度
――――――――――――――――――――――――――
(考え方)
① 受付、案内等に用いる立位用のカウンターの高さは、100cmが一般的。
② ①の例外が②で、ホテルは、記帳しやすいように高い。
  「椅子に座ると上半身は40cm程度下がる」ので、
  立位の110cmは座位の70cm(机や食卓の高さ)に相当する。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
③ 車いす使用者は、70cm(机や食卓の高さ)が使いやすい。
④ 図書館の貸出用カウンターは、こどもや車いすに配慮して、④と同じ。
  座位の職員も使いやすい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⑤ 飲食店の立位で食事するカウンターは、肘より低いほうが使いやすく、
食卓の高さ70cmを立位で換算した、70cm40cm110cmよりも低い。
⑥ スーパーマーケットのレジカウンター及び包装台は、机や食卓の高さです。
――――――――――――――――――――――――――
このような分野をまたいだ比較整理こそが、この「井澤式 比較暗記法」の真骨頂と自負しています。


問題1 誤。①
問題2 誤。②、③により、一般用110cm程度、車いす使用者用70cm程度。
問題3 正。⑤