井澤ですいざわ

■問題1
200500床の一般的な地域医療支援病院において、病棟部門の占める面積は、延べ面積の70%程度である。
(一級計画:平成元年No.1改)
■問題2
200500床の一般的な地域医療支援病院において、外来部門の占める面積は、延べ面積の15%程度である。
(一級計画:平成16No.12改)
■問題3
200500床の一般的な地域医療支援病院において、電気室・機械室の床面積の合計を、延べ面積の約10%とした。
(一級計画:平成19No.12改

地域医療支援病院
とは、総合病院のことです。
患者はまず地域医療を担うかかりつけ医を訪れ、高度な医療が必要な場合は紹介状を持って地域医療支援病院を訪れる、という機能分化と連携が求められています。

――【病院の部門の延べ面積に対する面積割合】――
病棟部門・・・・・・40%程度
外来部門・・・・・・1015%程度
電気室・機械室・・・10%程度
――――――――――――――――――――――――
なお、機械室とは、空調・換気・給排水衛生設備の設備室をいい、電気室を含まないのが一般的です。
機械室・・・空調・換気・給排水衛生設備の設備室
電気室・・・電気設備の設備室
機械室と電気室を合わせて設備室というのが一般的です。
――――――――――――――――――――――――
■解答
問題1 誤。病棟部門は40%程度です。
問題2 正。
問題3 正。