井澤ですいざわ

■問題1 根切りの数量を算出する場合、作業上のゆとり幅は、
0.5mを標準とする。
(一級計画:平成6年No.22改)
■問題2 根切りの数量を算出する場合、土間、犬走りにおける作業上のゆとり幅は0.1mとする。
(一級計画:平成21No.19改)

――――【作業上のゆとり幅】ポイント
――――
■作業上のゆとり幅の標準
 0.5m  …これが標準
■土間、犬走りにおける作業上のゆとり幅
 0.1m  …これが例外
――――――――――――――――――――――

・前回の№195の図で「作業上のゆとり幅」がどこの寸法をいうのか確認してください。
・前回の繰返しになりますが、「作業上のゆとり幅」とは、基礎型枠の組立撤去等の作業に必要な寸法をいい、法付け工法の場合は、そこに人が入れる寸法として0.5m(人間の肩幅)を標準とします。
・一方、土間、犬走りは根切り深さが浅く、人が入って作業しませんので0.1mだけで良いのです。
――――――――――――――――――――――
■解答
 問題1、2ともに正