こんにちは、講師のセイタですせいた


本日、平成27年度 二級建築士学科試験の合格発表がありました
合格された方、おめでとうございます
惜しくも残念だった方、、、来年に向けて、気持ちを切り替えてがんばりましょう


今年の学科試験の特徴は、3つありました

①施工の科目で、基準点が1点下がり、13点から12点に下方修正されたこと。
②総得点でも、基準点が1点下がり、60点から59点に下方修正されたこと。
③合格率が昨年の37.9%から8%近く下がり、30.1%となったこと。


以上から、今年の学科試験は昨年に比べ、受験生全体の得点が思ったより伸びなかったことが結果から分かります。

計画・法規については、難易度的に多少難しいと思われましたが、相対的に受験生が得点することができたようで基準点の下方修正はありませんでした。

その反面、「施工」において基準点が1点下方修正されたことは、
やはり施工という科目の独特な「覚えなければならない数値」、「現場の理解」が壁となり、受験生の多くの方が得点できなかったのでは。。。と考えられます

施工という科目は、工事現場・器具・機械などをイメージできないと、やはり数値の丸暗記では太刀打ちできないということですね
(ちなみにTACの施工のテキストは、イラストを多用してとっても分かりやすく作ってます



合格された方は、これを機に設計製図の勉強にさらに力を入れ、
今年の一発合格を目指しましょう

設計製図試験まで、残り3週間を切っています。
この残りの日々をどう過ごすか?で合否が決まります。
ラストスパート、突っ走りましょう