井澤ですいざわ

前回学習した調合管理強度の算定における構造体強度補正値の問題です。

■問題
普通ポルトランドセメントを使用したコンクリートの調合管理強度を定めるに当たり、特記がなく、コンクリートの打込みから材齢28日までの期間の予想平均気温が5℃であったので、構造体強度補正値を3N/㎟とした。(一級施工:平成24No.10

――――――――――――――――――――――
■解答
 誤。予想平均気温が8℃未満の場合、構造体強度補正値は6N/㎟である。
―――――――――――――――――――――

調合管理強度は「標準養生(
20℃水中養生)の供試体が持つべき強度」です。
調合管理強度は、構造体コンクリートが持つべき品質基準強度に、構造体強度補正値を加えて求めます。

 調合管理強度=品質基準強度+構造体強度補正値

構造体強度補正値は、「標準養生(
20℃水中養生)の供試体」と「構造体コンクリート」との強度の差です。
「標準養生」は理想的な養生なので、実際の構造体コンクリートよりも大きな強度が出ます。

気温が低くなるほど構造体コンクリートは固まりにくくなるので、標準養生との差が大きくなります。
したがって、「調合管理強度」すなわち「標準養生の供試体の強度」は、その差を上乗せした強度でないと、構造体コンクリートの品質基準強度が確保されないのです。

構造体強度補正値は、コンクリートの打込みから材齢
28日までの期間の予想平均気温θによって、次のように値が異なります。

ポイント:構造体強度補正値

 

気温8℃以上

気温0℃以上8℃未満

構造体強度補正値
20℃標準養生と構造体コンクリートとの強度の差)

3N/
(標準養生に近い)

6N/


【例】品質基準強度が
24/㎟の場合
・気温8℃以上のとき、標準養生で27/㎟(調合管理強度27/㎟)ならば、構造体コンクリートが24/㎟(品質基準強度)確保されていると考えられる。
・気温8℃未満のとき、標準養生で30/㎟(調合管理強度30/㎟)ならば、構造体コンクリートが24/㎟(品質基準強度)確保されていると考えられる。