井澤ですいざわ

■問題1
計画供用期間の級が標準の場合、水セメント比の最大値は、普通ポルトランドセメントにおいては、65%とする。(一級施工:平成6年No.11
■問題2
コンクリートの化学抵抗性を向上させるために高炉セメントB種を用い、その水セメント比の最大値は、60%とした。(一級施工:平成12No.11
■問題3
水密コンクリートの調合において、普通ポルトランドセメントを用いる場合の水セメント比を55%とした。(一級施工:平成26No.10

――――――――――――――――――――――
■解答
 問題1、2 正。
 問題3 誤。水密コンクリートの水セメント比は50%以下。
――――――――――――――――――――――

はじめに、水セメント比は、水/セメントの質量比です。

一般に、AB比と言えば、A/Bです。
・セメント水比は、セメント/水
鉄骨構造で学習する幅厚比、径厚比も同様です。
・幅厚比は、幅/厚
・径厚比は、径/厚

水セメント比については、次表の値を覚えましょう。

ポイント

 

水セメント比

普通
コンクリート

普通ポルトランド
セメント

65%以下

混合セメントB種
(高炉セメントB種・
フライアッシュ
セメントB種)

60%以下

水密コンクリート

50%以下

 

覚え方
――――――――――――――――――――――
店 の向こうからバーゲンの群れ
水セ 65   B種   60
――――――――――――――――――――――
水密コンクリートはスイミング
         水密  50
――――――――――――――――――――――
「水密コンクリート」は、高い水密性や漏水に対する抵抗性が要求されるコンクリートで、水槽・プール・地下室などの水圧を受ける部位などに用いられます。