井澤ですいざわ

■問題1
構造体の計画供用期間の級が「標準」の建築物の場合で、普通ポルトランドセメントを用いたコンクリートの養生において、コンクリート打込み後、床スラブ等の露出面を散水等により5日間湿潤状態に保つことは、初期ひび割れの防止に有効である。(一級施工:平成22No.10
■問題2
建築物の計画供用期間の級が「長期」の場合、普通ポルトランドセメントを用いるコンクリートの打込み後の湿潤養生の期間は、5日間以上とする。(一級施工:平成17No.12

――――――――――――――――――――――
■解答
 問題1 正。
 問題2 誤。計画供用期間の級が「長期」の湿潤養生は、7日間以上とする。

――――――ポイント:湿潤養生―――――――
普通ポルトランドセメントを用いたコンクリートの湿潤養生
計画供用期間の級「標準」「短期」
 →5日間以上
計画供用期間の級「長期」「超長期」
 →7日間以上

―――――――――覚え方――――――――――
いつでも何でも養生しよう
5日  7日 湿潤養生
――――――――――――――――――――――