井澤ですいざわ

■問題1
地震地域係数Zが1.0、振動特性係数Rt0.9、標準せん断力係数C00.2のとき、建築物の地上部分の最下層における地震層せん断力係数C10.18とすることができる。(一級構造:平成20No.9)
■問題2
建築物の固有周期が長い場合や地震地域係数Zが小さい場合には、地震層せん断力係数Ciは、標準せん断力係数C0 より小さくなる場合がある。(一級構造:平成21No.8)

――――――――――――――――――――――
■解答
問題1 正。最下層のAi1.0であるから、
i=Zti01.0×0.9×1.0×0.20.18
なお、設問のC1の「1」は、最下層(1階)の1
問題2 正。問題1のようにCi(0.18)は、C0(0.2)より小さくなる場合がある。

――――――――――――――――――――――
前回の№320で説明したように、
地震層せん断力Qiの算定における標準せん断力係数C0は、横Gの大きさを表すものです。 なお、Qiの「i」は、「i階の地震層せん断力」という意味です。
00.2ならば、その階の支えている重量Wi0.2倍の水平力が働くことを意味します。 これを式で表せば、
i=C0×Wi (式①)です。
これが地震層せん断力の基本と言えます。

そして、このC
0を補正するものとして、地震地域係数Z、振動特性係数Rt、地震層せん断力係数の建築物の高さ方向の分布を表す係数Aiがあると言えます。これらを考慮すると、式①は次のように表せます。
i(Z・Rt・Ai・C0)×Wi (式②)
この(Z・Rt・Ai・C0)を、地震層せん断力係数Ciと呼んでいます。
これを式で表せば、
i=Ci×Wi (式③)です。

次のようにまとめることができます。
――――――――――――――――――――――
地震層せん断力係数Ciは、横Gの大きさを表すものであり、その基本は標準せん断力係数C0であり、それを補正するものに、地震地域係数Z振動特性係数Rt地震層せん断力係数の建築物の高さ方向の分布を表す係数Aiがある。
――――――――――――――――――――――