井澤ですいざわ

■問題1
鉄筋コンクリートの単位体積重量の算出において、コンクリートの単位体積重量に鉄筋による重量増分として1k/㎥を加えた。(一級構造:平成24No.14
■問題2
普通コンクリートの重量を算定するに当たり、単位体積重量については、設計基準強度Fc ≦36/㎟のコンクリ-トにおいては23k/㎥とし、36/㎟<Fc ≦48/㎟のコンクリ-トにおいては23.5k/㎥とすることができる。(一級構造:平成22No.
■問題3
超高層建築物に異なる強度のコンクリートを使用するので、コンクリートの設計基準強度ごとに、異なる単位体積重量を用いて、建築物重量を計算した。(一級構造:平成27No.13

――――――――――――――――――――――
■解答
 問題1 正。
 問題2 正。コンクリートのみの単位体積重量を聞いている。Fc ≦36/㎟のコンクリ-トは23k/㎥。
 問題3 正。
――――――――――――――――――――――

一般的な
鉄筋コンクリートは、
設計基準強度24/㎟で、
単位体積重量24 k/㎥と考えて下さい。
24つながりで覚えましょう。

ポイント:普通コンクリートの単位体積重量

設計基準強度Fc

コンクリートのみの単位体積重量

鉄筋コンクリートの単位体積重量

c ≦ 36/

23k/

24k/

36/㎟ <Fc≦ 48/

23.5k/

24.5k/

コンクリートのみの単位体積重量に、鉄筋による重量増分としてk/を加えたものが鉄筋コンクリートの単位体積重量です。
したがって、c ≦ 36/㎟のコンクリートのみの単位体積重量は、23k/㎥です(問題1)。
なお、設計基準強度が36/㎟を超えるものを、高強度コンクリートといいます。