井澤ですいざわ

以下の問題は、すべて鉄筋コンクリート造の部材寸法についての問題です。

■問題1
鉄筋コンクリート造において、柱が座屈しないことを確認しなかったので、柱の小径を、構造耐力上主要な支点間の距離の1/10とした。(一級構造:平成24No.12
■問題2
鉄筋コンクリート造において、階高8mの正方形断面柱の一辺の長さを、階高の1/12とした。(一級構造:平成25No.13
■問題3
鉄筋コンクリート造において、建築物の使用上の支障が起こらないことを確認しなかったので、梁のせいを、梁の有効長さの1/15とした。(一級構造:平成24No.12
■問題4
鉄筋コンクリート造において、建築物の使用上の支障が起こらないことを確認しなかったので、片持ち以外の床版の厚さを、床版の短辺方向の有効張り間長さの1/25である200㎜とした。(一級構造:平成24No.12
■問題5
鉄筋コンクリート造において、一辺が4mの正方形床スラブの厚さを、スパンの1/25とした。(一級構造:平成25No.13
■問題6
長さ1.5mのはね出しスラブの厚さを、はね出し長さの1/8とした。(一級構造:平成25No.13
■問題7
鉄筋コンクリート造において、コンクリートの充填性や面外曲げに対する安定性等を考慮して、耐力壁の厚さを、壁板の内法高さの1/20である150㎜とした。(一級構造:平成24No.12
■問題8
鉄筋コンクリート造において、階高4mの耐力壁の厚さを、階高の1/40とした。(一級構造:平成25No.13

――――――――――――――――――――――
■解答
(柱)問題1正。問題2正。
   RC造の柱の小径は高さの1/15以上。
(梁)問題3誤。
   RC造の梁のせいはスパンの1/10超。
(スラブ)問題4正。問題5正。問題6正。
   RC造のスラブ厚は、一般に短辺スパンの1/30超。片持ちスラブは1/10超。
(耐力壁)問題7正。問題8誤。
   RC造の耐力壁の厚さは、内法高さの1/30以上かつ120㎜以上。
――――――――――――――――――――

試験直前は、特にこういうところを覚えましょう!
次回の予習を兼ねて、RC造以外についても一緒にまとめておきます。

buzaisunpou

表中、「以上」と「超(超える)」があって紛らわしいですが、たわみに関する「梁せい」と「スラブ厚」は「超える」、それ以外は「以上」です。