井澤ですいざわ

■問題1
露出形式柱脚において、所定の構造計算を行わなかったので、アンカーボルトの基礎に対する定着長さをアンカーボルトの径の10倍を確保した。(一級構造:平成23No.16
■問題2
露出形式柱脚において、柱の最下端の断面積に対するアンカーボルトの全断面積の割合を20%以上とした。(一級構造:平成23No.16

――――――――――――――――――――――
■解答
 問題1 誤。10倍ではなく20倍以上必要です。
 問題2 正。
――――――――――――――――――――――

さっそくポイントを確認しましょう。

―――ポイント
鉄骨構造 露出形式柱脚―――
鉄骨構造 露出形式柱脚
■アンカーボルトの定着長さ・・・20d以上(d:アンカーボルトの径)
■アンカーボルトの全断面積/柱の最下端の断面積・・・20%以上
――――――――――――――――――――――
「柱の最下端の断面積」とは、H形鋼や角形鋼管(ボックスコラム)の断面積です。
exposed-type column base
どちらも「20」ですからセットで覚えておきましょう。