井澤ですいざわ

■問題1
大梁の終局せん断強度は、鉄骨部分と鉄筋コンクリート部分のそれぞれについて計算した終局せん断強度の和とした。(一級構造:平成24No.19
■問題2
部材の終局せん断耐力は、鉄骨部分と鉄筋コンクリート部分において、それぞれの「曲げで決まる耐力」と「せん断で決まる耐力」のいずれか小さいほうの耐力を求め、それらの耐力の和とすることができる。(一級構造:平成22No.19

――――――――――――――――――――――
■解答
問題1、2ともに正。問題1の「終局せん断強度」と問題2の「終局せん断耐力」は同じものです。
問題1は、前回のNo.373でも扱いました。「終局耐力」については、「曲げモーメント」であれ「軸力」であれ「せん断力」であれ、累加強度式で算定できますので、問題1は正です。
問題2は、問題1の内容をさらに掘り下げたものです。
―――――――――――――――――――――

■問題1の内容は次のとおりです。
(終局せん断耐力)=(Sの終局せん断耐力)+(RCの終局せん断耐力)

■問題2は、問題1に加えて、右辺の(Sの終局せん断耐力)をどうやって求めるか?
同じく右辺の(RCの終局せん断耐力)をどうやって求めるか?
という論点が加わっているのです。

(Sの終局せん断耐力)であれ、(RCの終局せん断耐力)であれ、
「曲げで決まる耐力」と「せん断で決まる耐力」のいずれか小さいほうの耐力とします。
図示すると次のとおりです。

SRC sendan

せん断力には、「純粋なせん断力」だけでなく、「曲げモーメントによって決まってくるせん断力」があります。
後者は、ズバリ次の式から算出されるせん断力です。力学で見たことがあるはずです。
Q&M
「純粋なせん断力」と「曲げモーメントによって決まってくるせん断力」のいずれか小さいほうまでしか耐えられませんので、
(Sの終局せん断耐力)、(RCの終局せん断耐力)ともに、それぞれの「曲げで決まる耐力」と「せん断で決まる耐力」のいずれか小さいほうの耐力を求めます。
そして最後に次の累加強度式で足し合わせるのです。
(終局せん断耐力)=(Sの終局せん断耐力)+(RCの終局せん断耐力)