井澤ですいざわ

■問題1
鉄筋コンクリート構造において、柱のコンクリート全断面積に対する主筋全断面積の割合は、0.8%以上とする。(一級構造:平成18No.13
■問題2
鉄骨鉄筋コンクリート構造において、柱の軸方向の鉄筋と鉄骨の全断面積が、コンクリートの全断面積の0.8%以上となるように設計した。(一級構造:平成20No.15


――――――――――――――――――――――
■解答
 問題1、2ともに
――――――――――――――――――――――


さっそくポイントを確認しましょう。
――――――――――――――――――――――
ポイント
RC柱の主筋量・SRC柱の鋼材量

■RC造
 柱の主筋は、コンクリート全断面積の0.8%以上
■SRC造
 柱の鉄筋と鉄骨は、コンクリート全断面積の0.8%以上
――――――――――――――――――――――
どちらも鋼材量0.8%以上ということです。

RC造について、他の鉄筋比については、
No.348(鉄筋比)を参照してください。
http://kentikushi-blog.tac-school.co.jp/archives/47997857.html
何回も参照していただいて恐縮ですが、それだけ大事だということです。