井澤ですいざわ

■問題1
木造軸組工法による地上2階建ての建築物において、風圧力に対するはり間方向の耐力壁の所要有効長さを、妻側の見付面積から計算した。(一級構造:平成2年No.10
■問題2
木造軸組工法による地上2階建ての建築物において、平面が長方形の場合、地震力に対する必要な耐力壁の有効長さ(必要壁量)を張り間方向及びけた行方向について同じ値とした。(一級構造:平成26No.

――――――――――――――――――――――
■解答
 問題1 誤。はり間方向の耐力壁の所要有効長さは、平側の見付面積から計算する。
 問題2 正。
――――――――――――――――――――――

さっそくポイントです。

――――――ポイント:必要壁量―――――――
■「風圧力」に対する必要壁量(必要な耐力壁の量)
 けた行方向必要壁量=(妻側の見付面積①)×(見付面積に乗じる数値)
 はり間方向必要壁量=(平側の見付面積②)×(見付面積に乗じる数値)
 ※見付面積は、「床面からの高さが1.35mを超える部分(上階を含む)の見付面積」である。
■「地震力」に対する必要壁量(必要な耐力壁の量)
 必要壁量は、はり間方向、けた行方向とも同じ値。
――――――――――――――――――――――

wall quantity


――――――――――用語――――――――――
けた行方向 長方形平面の長手方向。一般に小屋梁に直交する軒桁がかかる。
はり間方向 長方形平面の短手方向。一般に短手方向に小屋梁がかかる。
妻側平側 次図参照。なお、妻は端という意味。

kirizuma
――――――――――――――――――――――