井澤ですいざわ

まずは一級建築士設計製図試験に見事合格された皆様、本当におめでとうございます。
試験勉強から解放された喜びを存分にかみしめてください!!!

残念だった方、「設計製図試験は水物」と言われることもあります。どうか自信を無くさずに、また、今までの努力を全否定することなく、今年の反省点を来年克服することに集中してほしいと願っています。


それでは問題です。


■問題
同一等級構成集成材で、ひき板の積層数が2枚又は3枚のものは、梁等の高い曲げ性能を必要とする部分に用いる場合、曲げ応力を受ける方向が積層面に平行になるように用いる。
(一級構造:平成23No.27

――――――――――――――――――――――
■解答
 問題 正
――――――――――――――――――――――

さっそくポイントを確認しましょう。

ポイント

異等級構成集成材

同一等級構成集成材

構成するひき板の品質が同一でない構造用集成材であって、
梁等の高い曲げ性能を必要とする部分に用いる場合、「曲げ応力を受ける方向」が積層面に直角になるように用いる。

構成するひき板の品質が同一の構造用集成材であって、
梁等の高い曲げ性能を必要とする部分に用いる場合、「曲げ応力を受ける方向」が積層面に平行になるように用いる。


ひき板とは、「のこぎり等でひいて切った板」という意味で、ラミナともいい、厚さ数cmの木材です。

表中、ひき板の品質が同一か、同一でないかは、名称に表れていますから、迷うことはありませんね。
問題は「曲げ応力を受ける方向」の部分です。これは図を見ていただくのが一目瞭然です。

glued laminated wood

梁が図の赤い円弧で描いた曲げを受ける場合、
「曲げ応力を受ける方向」は縦方向になります。ここが間違えやすいところですから、しっかり理解してください。

このとき、断面の上縁には圧縮曲げ応力度が、断面の下縁には引張曲げ応力度が生じ、中立軸では曲げ応力度は0です。
したがって、上縁付近と下縁付近に強い・硬い部材を用い、中立軸付近に弱い部材を用いるという考え方ができ、これが異等級構成集成材です。
図のとおり、「曲げ応力を受ける方向」が積層面に直角になるように用います。
図の数値は、例えば160は、ヤング係数が16/㎟(160kgf/㎠)であることを示しています。

品質が同一のひき板を使うのであれば、図の「同一等級構成集成材」のように、
「曲げ応力を受ける方向」が積層面に平行になるように用います。

――――――――――――――――――――――
集成材に関連して、LVL・合板・CLTについても
No.305(LVL・合板・集成材・CLT)でしっかり復習しておいてください。
CLT(直交集成板)は必ずそのうち出題されますよ!!! 
http://kentikushi-blog.tac-school.co.jp/archives/47350354.html