井澤ですいざわ
「実例」の誤りの枝の典型は、記述内容が他の建築物の説明になっているというものです。
誤りで出題されたものは、そのうち、正しい枝で出題されますので要注意です。

――――――――――――――――――――――

用賀Aフラット
(早川邦彦)
■問題46
用賀Aフラット(世田谷区)は、道路に対して視覚的に開放されつつ、ガラススクリーンで隔てられた中庭をもつ、アーティストやデザイナーの入居を想定した賃貸集合住宅である。
(一級計画:平成27No.12

■リンク
http://sekkei.exblog.jp/9868834/

■解答 正。

――――――――――――――――――――――

茨城県営松代団地
(大野秀敏+三上建築事務所+アプル総合計画事務所)

■問題
47
茨城県営松代団地(つくば市)は、中庭を囲む6階建ての4棟の住棟を、4階にある「上の道」と称する回廊でつないだ集合住宅であり、「上の道」は、プレイロットや植栽等のある街路状の空間として機能させることを意図している。
(一級計画:平成19No.10

■リンク
http://sciencecity.tsukuba.ch/e259745.html

■解答 正。

――――――――――――――――――――――

熊本県営竜蛇平団地
(りゅうじゃびら)(元倉眞琴)
■問題48
熊本県営竜蛇平団地(熊本市)は、街道沿いの直線状の住棟と、雁行する住棟とが中庭を介して向き合う中層集合住宅である。
(一級計画:平成19No.10

■リンク
http://www.kenchiku-keikaku.com/j/housing/002.html
↑設計者のホームページです。一番下の「123」で3頁あります。
http://www.pref.kumamoto.jp/kiji_1658.html
↑なぜ熊本県のホームページかというと、前回№9で説明したとおり、くまもとアートポリス事業の一つだからです。小さい写真ですが、住棟配置がよく分かります。

■解答 正。
平成19No.10の出題は、記述内容がNEXT21になっている誤りの枝でした。上記の問題は、それを正しくしたオリジナル問題です。誤りで出題されたものは、そのうち、正しい枝で出題されます。

――――――――――――――――――――――

幕張ベイタウンパティオス4番街
(松永安光+坂本一成)
■問題49
幕張ベイタウンパティオス4番街(千葉県千葉市)は、壁面線の位置・高さ、壁面率等についての「都市デザインガイドライン」に沿って設計された集合住宅であり、街区型の形式に特徴がある。
(一級計画:平成28年No.13

■リンク
http://blogs.yahoo.co.jp/wattojunkyard/30406908.html
↑4番街
http://www.housing-museum.com/?p=980
↑幕張ベイタウン全景。街区型がよく分かります。

■解答 正。「街区」とは、道路で囲まれた一まとまりの敷地をいいます。「街区型集合住宅」とは、街区を一まとまりに計画した集合住宅をいい、一般に、道路に面した板状住棟が中庭を取り囲むように配置されます。

――――――――――――――――――――――

インナートリッププラザ神山町
(守屋弓男)
■問題50
インナートリッププラザ神山町(東京都渋谷区)は、各階に多様な世帯構成を想定した各種の住戸を配置し、相互扶助的な共生を意図したコレクティブハウスである。
(一級計画:平成16年No.9改

■リンク
http://hs-chintai.com/build-999738/room-2228937.html
↑写真が10枚あります。最後にコレクティブハウスらしい中庭や共用のLDKの写真があります。

■解答 正。
平成16年No.の出題は、主語がベルコリーヌ南大沢になっている誤りの枝でした。上記の問題は、それを正しくしたオリジナル問題です。

――――――――――――――――――――――