井澤ですいざわ

問題
65からは公共建築の実例です。

――――――――――――――――――――――

ハーレン・ジードルンク
(アトリエ・ファイブ)
■問題61
ハーレン・ジードルンク(アトリエ5)は、市街地に建つ商業施設を複合した高層集合住宅である。
(一級計画:平成22No.12

■リンク
http://www.unige.ch/cuepe/virtual_campus/module_landscape/_4_case_studys/page_05_halen.htm
↑海外サイトです。
https://monocle.com/gallery/magazine/65/estate-of-the-art/1/
↑海外サイトです。8枚あります。自動で送られます。

■解答 誤。高密度の「低層」集合住宅である。市街地でも商業施設でもない。

――――――――――――――――――――――

シーランチ・コンドミニアム
チャールズ・ムーア他
■問題62
シーランチ・コンドミニアム(チャールズ・ムーア他)は、10戸の週末用住居群を海の眺望を考慮して、敷地の勾配に沿って中庭を囲むように配置した低層集合住宅である。
(一級計画:平成22No.12

■リンク
http://www.linea.co.jp/info/detail/iid/493

■解答 正。

――――――――――――――――――――――

アビタ’67
(モシェ・サフディ)
■問題63
アビタ’67(モントリオール)は、コンクリートボックスの組合せによって構成された高層集合住宅である。
(一級計画:平成7年No.

■リンク
http://labaq.com/archives/51646978.html

■解答 正。

――――――――――――――――――――――

バイカー再開発
(ラルフ・アースキン)
■問題64
バイカー再開発(イギリス・ニューキャッスル)は、住民の意見を積極的に取り入れたもので、既存のコミュニティー施設を残し、地区の周囲に壁状の高層住棟を配置し、その内側に庭付きの低層集合住宅を配置した計画である。
(一級計画:平成23No.11

■リンク
http://www.somethingconcreteandmodern.co.uk/building/byker-redevelopment/
↑海外サイトです。

■解答 正。

――――――――――――――――――――――

加藤学園暁秀初等学校(ぎょうしゅう)
(槇総合計画事務所)
■問題65
「加藤学園暁秀初等学校」(静岡県沼津市、1972)は、学習センターを中心として、オープンクラスルーム(16×16)と特別教室を中庭を介して配置している。
(一級計画:平成18No.12

■リンク
http://www.katoh-net.ac.jp/Elementary/01.php#A4
http://www.katoh-net.ac.jp/Elementary/09-1.php#A1
↑オープンスクールの様子がよく分かると思います。
http://www.yanagisawa.archi.ta.chiba-u.jp/shou_yeshirabasu/jian_zhu_she_ji_files/%E5%BB%BA%E7%AF%89%E8%A8%AD%E8%A8%88%E2%85%A3%E3%80%8C%E5%B0%8F%E5%AD%A6%E6%A0%A1%E3%80%8D15.pdf

↑合計119頁の資料ですが、5頁に平面図等があります。

■解答 正。加藤学園暁秀初等学校は、わが国初のオープンスクールの小学校です。上記のホームページでも「
SCHOOL WITHOUT WALLS」「壁のない学校」が強調されています。

――――――――――――――――――――――