いざわ
井澤です

青木淳氏の「潟博物館」はコクヨのキャンパスノートから生まれたんですね!(問題
83

――――――――――――――――――――――

丸亀市猪熊弦一郎現代美術館
(谷口吉生)
■問題81
丸亀市猪熊弦一郎現代美術館(香川県丸亀市)は、建築と美術と都市空間が一体となった景観に寄与しており、駅前の広場に面した壁画部分に入口をもつ施設である。
(一級計画:平成25No.14

■リンク
http://zoc1000.exblog.jp/15386184/

■解答 正。

――――――――――――――――――――――

八代市立博物館「未来の森ミュージアム」(やつしろし)
(伊東豊雄)
■問題82
八代市立博物館「未来の森ミュージアム」(熊本県八代市)は、公園の一角に築かれた丘に埋まるように1階の展示室があり、2階にエントランス、最上階に収蔵庫が設置されている。
(一級計画:平成25No.14

■リンク
http://www.toyo-ito.co.jp/WWW/Project_Descript/1990-/1990-p_02/1990-p_02_j.html
↑設計者のホームページです。

■解答 正。最上階の大きなタンク状のものが収蔵庫です。八代市立博物館「未来の森ミュージアム」も、
No.9問題42で出てきた「再春館製薬女子寮」などと同様に「くまもとアートポリス事業」による施設の一つです。

――――――――――――――――――――――

潟博物館(がた)
(青木淳)
■問題83
潟博物館(新潟県豊栄市)は、螺旋(らせん)状の動線空間で構成された博物館であり、周囲の自然観察と展望が可能な施設である。
(一級計画:平成21No.17

■リンク
http://www.arcstyle.com/niigata/447_gata_mus.html
http://www.kokuyo.co.jp/creative/tegakibito/aokijun/
↑青木淳氏はコクヨのキャンパスノートにスケッチしています!「潟博物館」はコクヨのキャンパスノートから生まれたんですね!拡大できます。

■解答 正。平成21
No.17の出題は、主語が「海の博物館(三重県鳥羽市)になっている誤りの枝でした。上記の問題は、それを正しくした問題です。

――――――――――――――――――――――

金沢21世紀美術館
(妹島和世+西沢立衛/SANAA
■問題84
金沢21世紀美術館(石川県金沢市)は、誰でも気軽に様々な方向から立ち寄れるように、複数のエントランスのある円形の平面とし、内部には、建築物の端から端まで見通すことができるいくつかの廊下がある。
(一級計画:平成19No.13

■リンク
https://www.kanazawa21.jp/data_list.php?g=11&d=1
↑流れている写真です。

■解答 正。

――――――――――――――――――――――

ビルバオ・グッゲンハイム美術館
(F..ゲーリー)
■問題85
「ビルバオ・グッゲンハイム美術館(Frank O. Gehry)」は、彫塑的な形態であり、三層にわたる展示空間が中央アトリウムを囲うように配置されている。
(一級計画:平成17No.25

■リンク
http://mirutake.fc2web.com/11/252gehry/gehry.htm

■解答 正。
ビルバオはスペインの都市です。ニューヨークのフランク・ロイド・ライト設計の「グッゲンハイム美術館」の分館です。