いざわ
井澤です。
前回の問題95「石の美術館」に続き、今回の問題96も隈研吾氏設計の「那珂川町馬頭広重美術館」に関するオリジナル問題です。

――――――――――――――――――――――

那珂川町馬頭広重美術館(なかがわまち・ばとう・ひろしげ)
(隈研吾)
■問題96
杉材のルーバーで覆われた切妻屋根の建築物を広場が貫通し、その両側にある美術館とレストラン等の、静と動の2つの領域が多目的な庇下空間で束ねられている。
(オリジナル)

■リンク
http://kkaa.co.jp/works/architecture/nakagawa-machi-bato-hiroshige-museum-of-art/
↑設計者のホームページです。
http://nasukougen.web.fc2.com/hiro/hiro.html
↑動画があります。

■解答 正。歌川広重(=安藤広重)の作品を中心とする浮世絵の美術館です。

――――――――――――――――――――――

ロイズ・オブ・ロンドン
(リチャード・ロジャース)
■問題97
ロイズ・オブ・ロンドン(Richard Rogers)は、機械設備、エレベーター、便所、階段等のサービス機能をもったシャフトを、建築物の外周部に独立して配置している。
(一級計画:平成17年No.25

■リンク
http://www.rsh-p.com/projects/lloyds-of-london/
↑設計者のホームページです。動画と写真があります。
http://www.rsh-p.com/projects/lloyds-of-london/#concept
↑貴重なスケッチも!
http://www.rsh-p.com/projects/lloyds-of-london/#design
↑貴重な断面図、アクソメ、模型写真も!

■解答 正。保険会社ロイズの本社ビルです。典型的な「分離コア(外コア)」タイプです。

――――――――――――――――――――――

香港上海銀行本店
(ノーマン・フォスター)
■問題98
香港上海銀行本店(Norman Foster)は、吊橋の工法を応用した構造の採用により、各階は、2列のマスト状の組柱の間が開放的な無柱空間となっている。
(一級計画:平成17年No.25

■リンク
http://www.fosterandpartners.com/projects/hongkong-and-shanghai-bank-headquarters/
↑設計者のホームページです。こちらも貴重な写真ばかり!

■解答 正。

――――――――――――――――――――――

熊本県立劇場
(前川國男)
■問題99
熊本県立劇場(熊本市)は、来館者の動線を円滑にエントランス空間に導くために、演劇ホールとコンサートホールの間に光庭や吹抜けをもつモール状の空間を設けている。
(一級計画:平成19年No.13

■リンク
http://trimd.gangukan.jp/?eid=1233060&imageviewer&image=20120824_2972455.jpg
http://www.kengeki.or.jp/promoter/hall_floormap
↑平面図
http://www.kengeki.or.jp/promoter/about_concerthall
↑ホール、ホワイエなど

■解答 正。

――――――――――――――――――――――

ベルリン・フィルハーモニーホール
(ハンス・シャロウン)
■問題100
ベルリン・フィルハーモニーホール(Hans Scharoun)は、丘陵地のような独創的な空間構成をとり、アリーナ型という新たなコンサートホールの舞台・客席形式を創出した。
(オリジナル)

■リンク
http://1-4worldtrip.hippy.jp/index/contents/catalogue%20archtecture/14/409berlinfil.html

■解答 正。