いざわ
井澤です。

今回から都市計画、新都市建設、ニュータウンの「実例」を扱います。

――――――――――――――――――――――

キャンベラ
(オーストラリア)
■問題101
オーストラリアの首都であるキャンベラは、三つの都市機能(中央官庁街、市政庁、業務商業機能)を三角形の頂点に相当する位置に配置して都心部を構成し、その外側を郊外住宅地とする計画案に基づいている。
(一級計画:平成25年No.

■リンク
http://www.mlit.go.jp/kokudokeikaku/iten/relocation/town/virtual/wc_dir/wc_21.html
↑国土交通省のホームページです。「次へ」で2ページ目も見てみてください。

■解答 正。

――――――――――――――――――――――

チャンディガール
(インド)
■問題102
インドのパンジャブ州都であるチャンディガールは、格子状に分割した区域(ユニット)と7段階に機能分けした道路網からなる計画案に基づいている。
(一級計画:平成22年No.10

■リンク
http://sakuhin.info/%E9%83%BD%E5%B8%82%E8%A8%88%E7%94%BB/chandigarh/
http://www.ichiura.co.jp/newtown/pdf/modern_nt/02.pdf
48頁にチャンディガールが扱われています。

■解答 正。ル・コルビュジエ設計。

――――――――――――――――――――――

ブラジリア
(ブラジル)
■問題103
ブラジルの首都であるブラジリアは、ジェット機形の平面形状をもち、機体の胴体に相当する部分を政治的中枢地域、翼に相当する部分を住居地域とする計画案に基づいている。
(一級計画:平成22年No.10

■リンク
http://www.geocities.jp/bkiguchijp/brasilia/brasilia.htm
http://www.ichiura.co.jp/newtown/pdf/modern_nt/02.pdf
49頁にブラジリアが扱われています。

■解答 正。なお、設問の
「政治的中枢地域」と「住居地域」を逆転させた誤りの枝が平成25年No.9で出題されています。

―――――――――――――――――――
――

ワシントンD.C.
(アメリカ)
■問題104
アメリカの首都であるワシントンD..は、ポトマック川から国会議事堂に至る軸に象徴的な役割をもたせ、格子状街路に放射状街路を組み合わせた計画案に基づいている。
(一級計画:平成25年No.

■リンク
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AF%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%B3D.C.#/media/File:Washington_DC_view1.jpg 
↑下にあるコメントにも注目。

■解答 正。

――――――――――――――――――――――

レッチワース
(イギリス)
■問題105
E.ハワード(E.Howard)によって提唱された「田園都市」の考え方は、レッチワース、ウェルウィンなどイギリスのニュータウンに実現、反映された。
(一級計画:昭和62年No.24

■リンク
http://www.jutaku-sumai.jp/town/pastcontents/world/re001.html

■解答 正。
 語呂合わせ「田園調布はリッチワース」
       田園都市 レッチワース
 比較暗記法No.176も参照してみてください。
 http://kentikushi-blog.tac-school.co.jp/archives/43401281.html