いざわ
井澤です
東京駅丸の内駅舎や国立西洋美術館本館など、「建築物」の保全・再生については、すでに毎年のように出題されていますが、問題120の川越一番街のような「まちづくり・都市」の保全・再生についても今後重要なテーマとなってくるでしょう。

――――――――――――――――――――――

多摩ニュータウン
(東京都)
■問題116
多摩ニュータウン(東京都)は、近隣住区方式による我が国最大級のニュータウンであり、1住区につき1中学校区を基本とし、各住区に小中学校、幼稚園、保育所、スーパーマーケット等の日常生活に必要な施設を徒歩圏に配置している。
(オリジナル)

■リンク
http://www.ur-net.go.jp/syutoken/nt/outline.html
集合住宅の実例で学んだタウンハウス諏訪(問題36)、プロムナード多摩中央(問題39)、ベルコリーヌ南大沢(問題40)は、多摩ニュータウンの一部です。
http://kentikushi-blog.tac-school.co.jp/archives/49205115.html

■解答 正。近隣住区は、一般的には、小学校が一校成立する程度の人口を単位としますが、多摩ニュータウンでは、中学校が一校成立する程度の人口を1住区としています。

――――――――――――――――――――――

港北ニュータウン
(神奈川県)
■問題117
港北ニュータウン(神奈川県)は、公園、保存緑地と緑道、歩行者専用道とを結ぶネットワークをもつニュータウンの例である。
(一級計画:平成13No.24

■リンク
http://www.ur-net.go.jp/akiya/kanagawa/kouhokunt/about/
http://www.city.yokohama.lg.jp/toshi/chiikimachi/nt/
↑設問のネットワークは「グリーンマトリックスシステム」と呼ばれています。

■解答 正。

――――――――――――――――――――――

筑波研究学園都市
(茨城県)
■問題118
筑波研究学園都市(茨城県)は、東京への一極集中を緩和するために、職住一体の「田園都市」として構想されたものである。
(一級計画:平成28No.10

■リンク
http://www.city.tsukuba.ibaraki.jp/14278/14279/758/2338/002337.html

■解答 正。

――――――――――――――――――――――

くまもとアートポリス
(熊本県)
■問題119
くまもとアートポリス(熊本県)は、環境デザインに対する関心を高め、都市環境・建築文化等の向上を図るために、「コミッショナー」が設計者を推薦する手法が採用された事業である。
(一級計画:平成28No.10

■リンク
歴代コミッショナーは、磯崎新氏、高橋てい一氏、伊東豊雄氏です。くまもとアートポリス事業による施設には、再春館製薬女子寮、八代市立博物館「未来の森ミュージアム」、熊本県営竜蛇平団地などがあります。
再春館製薬女子寮
http://kentikushi-blog.tac-school.co.jp/archives/49219069.html
八代市立博物館「未来の森ミュージアム」
http://kentikushi-blog.tac-school.co.jp/archives/49343300.html
熊本県営竜蛇平団地
http://kentikushi-blog.tac-school.co.jp/archives/49245698.html

■解答 正。

――――――――――――――――――――――

川越一番街
(埼玉県)
■問題120
川越一番街(埼玉県)では、「パタン・ランゲージ」に範をとった町づくり規範により、歴史的町並みの景観の保全が実践されている。
(一級計画:平成28No.10

■リンク
http://www.jichiro.gr.jp/jichiken_kako/report/rep_tokushima29/jichiken/3/3_1_01.htm
http://www.kuranokai.org/works_01_02_02.html
↑「町づくり規範」の一つ「4間ルール」が拡大で見られます。このようなパタンを組み合わせて町並みをデザインする方法を、クリストファー・アレグザンダーは著書「パタン・ランゲージ」で提唱しました。
比較暗記法 No.178 (都市計画の著書3)も参照してください。
http://kentikushi-blog.tac-school.co.jp/archives/43438298.html

■解答 正。