ほんだこんにちは、ホンダです。

前回に引き続き、今回もバルセロナにあるガウディー作品をご紹介します。
コロニア・グエル教会です。これも2005年にガウディ作品群として世界遺産の登録を受けたもので、サグラダ・ファミリアと同じく未完成の建物です。

COLOフ€NIA GUフ・LL A.GAUDIフ\01

前回紹介のカサ・バトロ同様に、テーマパークのアトラクションかと思うようなデザインです。しかし、ここはれっきとした教会で、その内部をご覧ください。本当に見事なんです。
COLOフ€NIA GUフ・LL A.GAUDIフ\07

先般、サグラダ・ファミリアが正規の建築許可を受けたことがニュースとなりました。市に5億円以上のお金を払って許可を受け、違法建築を脱したとか。このコロニア・グエル教会も屋根は仮設のままで、未完成となっています。
colonia
壁の花びらの形のステンドグラス、特徴的な天井や玄武岩の柱など、すべてに目を見張ります。

では、
建築物名 コロニア・グエル教会
設計者  アントニオ・ガウディ
所在地  スペイン(バルセロナ)
一般公開 1955年

ガウディー好きにとっては、サグラダ・ファミリア以上とも言われています。