井澤ですいざわ

試験直前の追い込みにおいて、
① 数多く問題を解くために時間を使うべきか、
② あいまいな部分を整理するために時間を使うべきか、
で迷うこともあろうかと思います。

あいまいな部分を整理しないと得点に結びつかないことも分かるが、整理するのには時間がかかる、という迷いです。

結論から言えばどちらも大事です。
したがって、その両立のために、
(数多く問題を解く時間):(整理する時間)=2:1
という時間配分を目安に考えるとよいと思います。

数多く問題を解くのは、もちろん新しい問題ではなく、
今まで何度も解いてきたものを数多く見直して、
忘れていたことを思い出す」ことがポイントです。

言ってみれば、
「① 数多く問題を解く(忘れていたことを思い出す)」のは「1点を落とさないため」の学習です。
「② 整理する」のは「1点をゲットするため」の学習と言えると思います。

また、試験直前の追い込みでは、1つの問題にこだわって時間をかけすぎてはいけません。
今まで一所懸命頑張っても理解できなかったような問題は、最後は割り切って捨てる勇気も大事です。