TACでは昨日公表しましたように合格推定点については以下になります。
――――――――――――――――――――
令和元年は全体の難易度が低く、総得点が大幅に繰り上げられる可能性が高いと考えます。
■科目基準点
計画11点、環境・設備11点、法規16点、構造16点、施工13点
■総得点
96点
・自己採点等による誤差を考慮し、95点以上の方は速やかに設計製図の受験対策を進めるべきと考えます。
・TAC設計製図本科生における学科合格発表後の特別返金制度については、こちらをご覧ください。
※なお、この推定点はTACが独自に算出したものです。実際の合格点と異なる場合がありますことをあらかじめご了承ください。試験実施機関による正式な合格発表は9月10日(火曜)が予定されています。
――――――――――――――――――――
合格推定点付近の方はお迷いのことと思います。最終的な判定は9月10日(火曜)までできないので、合否予想については現段階でご自身でご判断いただく必要があります。
TACの場合、合格推定点から-3点以内の方は、合否発表から3日以内にお申し出いただければお支払いの設計製図本科生受講料から30,000円を除いた金額を返金することができます。
ただ初回のオリエンテーションを除く講義は週1回7.5時間です。はじめの頃は大抵の方が復習や宿題に1日は費やしますので、週2日は設計製図の勉強をする必要があります。そのため、強い気持ちで勉強をしていただく必要があります。
合格発表までそれを継続できるかどうかと30,000円という金額についてどう考えるかが、現段階では判断材料となるかと思います。


★2019年一級設計製図本科生についてはこちら→(定員情報も掲載しています)
★次年度の学科対策「奨学生選抜試験」の実施についてはこちら→