こんにちはtashiro

本日、公益財団法人 建築技術教育普及センターより、
令和元年の二級建築士試験の合格発表がありました。

合格された皆様、本当におめでとうございます


〇製図実受験者数 10,884名(10,920名)
〇合格者      5,037名(5,997名)
〇合格率      46.3%(54.9%)
●学科からの最終合格率 22.2%(25.5%)
※( )内は昨年

ランクⅠ、Ⅱ、Ⅲ、Ⅳのそれぞれの割合は次のとおりで、「ランクⅠ」のみが合格となります。
ランクⅠ:46.3%(合格)
ランクⅡ:12.5%
ランクⅢ:30.1%
ランクⅣ:11.1%


設計製図試験の合格率としては50%を切る数字となり、また最終合格率は近5年で平成27年の21.5%につぐ厳しい合格率でした。



皆さん、こんにちはseita2
TAC二級建築士講師の清田です。
ここからは、今年の結果を受けて簡単な講評をしたいと思います。

まずは、合格された皆さま、本当におめでとうございます


例年、設計製図試験の全国合格率は、おおむね52~55%程度で推移しておりました。
それが今年は、前述のとおり「46.3%」と非常に低い合格率であったことが大きな特徴です。

昨年と比較しても、合格率が8.6%も下がったことからも、今年の設計製図試験は非常に狭き門であったと言えるでしょう。
以下の直近3年の試験結果からも、今年の難しさが分かります。

(%)

合格

不合格

ランクⅠ

ランクⅡ

ランクⅢ

ランクⅣ(失格)

令和元年

46.3

12.5

30.1

11.1

平成30

54.9

14.5

24.2

6.4

平成29

53.2

15.1

25.4

6.3


ではランクⅠが減った分、不合格ランクの中で著しく増加したのがランクⅢ(大きなミス)とランクⅣ(失格項目に該当)です。


本日、建築技術教育普及センターから以下のように、「解答の傾向」というものが今年初めて発表されています。

●解答の傾向
「未完成」
「設計条件の違反(要求室の欠落、外壁の仕上げ、階段の計画)」
「要求図書の違反(断面図の切断位置)」
に該当するものが多かった。



ランクⅢ、Ⅳの増加については、まさに以上の要因によるものと推察することができます。
問題文の要求通りにできていない受験生が多かったということになりますね。
ここで気づくことは、今年の試験で皆さんを悩ませた「既存樹木」に関することや、設計事務所の応接室などの、車椅子使用車に対する床レベルの処理についての内容が上記の解答の傾向にないということ。
ということは、以前、試験後の講評にも書きましたが、この部分については合否を分けるような採点上の大きな差には繋がらなかった可能性が考えられます。


来年度以降の試験対策としては

①プランニング力の強化
②問題文の読み取り力の強化(読み落とし、読み間違い、思い込みのないように)
③条件に対する対応力


それと、これまで通り「作図表現力とスピード」を徹底的に行わないと、生半可なレベルでは合格できない試験となってきているとも言えます。

今年残念な結果に終わった方は、来年の課題発表(6月)まで何も手を打たずに待っているだけでは、今年と同じ結果になりかねません。
TACでは、下記のように「設計早期クラス」を2月から開講します。
早めのスタートを切って、他のライバルと差をつけましょう。



【お知らせ】
TACでは来年の二級建築士設計製図試験に向けた「設計早期クラス」を2月から開講します。
設計早期クラス詳細はこちら→
開講に向けて以下のイベントを開催します!

無料特別公開セミナー「TAC式 設計製図試験攻略法」開催

設計製図試験の受験経験者向けにTACの設計製図コースのノウハウを解説します。参加無料・予約不要なので、ご興味のある方は是非ご参加ください!※終了後は個別のご質問にもお答えいたします!

【実施日時/校舎】2020年1月29日(水)19:00~/渋谷校
【特典】TAC入会金(10,000円)免除券