一級学科試験の合格推定点に関して、お問い合わせをたくさんいただいています。

TACでは、昨日、総合89点、各科目過半の得点とし、
88点以上の方は速やかに設計製図の受験対策を進めるべきと推定いたしました。

実は、今年は、推定点が読みにくい要素が二つあります。
一つはコロナウイルスです。建築士受験勉強にとって大事な時期に受験生の多くが想定どおりの学習ができなかったと思われます。そのため、受験生全体のレベルが過去と比較しづらいのです。
もう一つは、試験制度の変更です。受験申し込みが4万人の大台に乗ったとの情報もあり、
これも過去との比較を難しくしています。

製図の学習をスタートすべきか否か、という点に関しては、TACの「特別返金制度」をお知らせいたします。これは、推定点からマイナス3点以内で不合格となった場合、
3日以内にお申し出いただけば、3万円を除いた受講料を返金するという制度です。
 今年は86点までの方が対象となります。

さらに、もう一つ。
試験制度の変更により、学科試験に合格した建築士試験に引き続いて行われる4回の建築士試験のうち2回(学科試験に合格した建築士試験の設計製図試験を欠席する場合は3回)について学科試験を免除するよう見直されました。詳しくは国交省案内をご覧ください(PDF)こちら→

こうした様々な事情・制度をご考慮いただき、製図試験にチャレンジするか否か、ご判断いただきたいと思います。


【お知らせ】
★2020年一級設計製図本科生プラスについてはこちら→(定員情報も掲載しています)
★2020年一級設計製図本科生プラス 初回講義は無料体験できますこちら→
★次年度の学科対策「奨学生選抜試験」の実施についてはこちら→