皆さんこんばんは、TAC講師の清田(セイタ)です。
seita2
まずは、本日、二級建築士設計製図試験を受験された皆さま、大変お疲れ様でした。
出来はいかがでしたでしょうか?
それでは、どこよりも早い速報(プラン)をお届けします
(只今、2020.09.13 18:10です)

まずはTACオリジナル 参考答案プラン①
令和2年TACオリジナル本試験答案01

続いてTACオリジナル 参考答案プラン②
令和2年TACオリジナル本試験答案02

今年の課題は要求室に特に大きなサプライズ条件はなく、最後まで描きあがった方が多かったのではないでしょうか。
また「階段の蹴上げ、踏面の寸法の指定」、「外壁の仕上げ(乾式工法)」、「2階のバルコニー」などは今年も引き続き出題され、近年の試験のスタンダードとなったようですね。
以下、課題のポイントを示します。

●接道条件は南・西の2面道路
南・西道路の道路幅員は、両方とも同じ幅員ですのでシェアハウス・住宅のアプローチをどちらからとっても解答できるパターンです。
上記、2つの参考答案プランはそれぞれ別のアプローチの取り方で計画しています。

●敷地の条件
敷地内に斜線が2箇所ありました。
(注1)の交差点付近の7m部分は、①自動車の駐車スペースとしてはいけない、②自動車の出入口を設けてはいけない、という条件です。
したがって、それ以外のもの(建物の出入口や建物自体、また駐輪スペースなど)がかかっていても問題ありません。
(注2)部分は、建築物の外壁等を計画してはならない、とあります。
つまり、軒の出、庇、バルコニーもかかってはいけないということです。

●要求室
1階は、建物内部において「シェアハウス」「住宅」できちんとゾーニングを分けて計画し、内部で行き来できる動線を確保しないといけません。
また、1階にLDK(A)、LDK(B)の2つのLDKが要求され、その配置に迷った方が多かったのではないでしょうか。上記、参考答案プラン

●1階床レベルの指定なし
玄関廻りを含めた床レベルの指定はありませんでしたので、自分で自由に設定すればよいです。
建物内部についての段差については特に条件がないので、玄関内部に段差がある場合は「踏み台」で処理すればよいでしょう。

なお、敷地内の通路に高低差が生じる場合は、スロープが必要となりますので、住宅の玄関部分だけでなく、シェアハウスの玄関部分にもスロープが必要です。

●要求図書について
特に目新しい条件はありませんでした。
ただし、矩計図の切断位置の条件をよく読み取る必要があります。
①1階及び2階の外壁を含む部分
⇒内壁ではなく、外壁部分で切ること。平家ではなく総2階部分で切ること。
②1階又は2階の少なくともどちらかに開口部を含むものとする
⇒切断位置において、1階または2階のどちらか最低1か所以上、開口部がなければならない。
(逆を言えばどちらかは外壁で構わない。)

なお、切断位置をバルコニー部分に設定することは、違反にはなりませんが極力避けるべきでしょう(作図上)。


総体的には大きなサプライズはなく、難易度も標準的なものであったことから、
条件違反がなく、記入漏れもなく、良い作図表現で仕上げることが合格に近いと考えられます。

では、明日13時頃までの講評第2弾(TACの課題における対応等)を本ブログにアップします。
お楽しみに