ほんだこんにちは、ホンダです。

昨日、令和3年度の1級建築施工管理技士の一次検定試験が実施されました。
新試験制度の第一回目として、出題形式等に注目が集まりましたが、次のようなものでした。
※出題一覧と正解番号はこちらをご覧ください

総出題数 72問(従来は82問)
総解答数 60問(従来と同じ)
 午前 44問出題 36問解答(以下内訳)
  建 築 学 15問出題12問選択
  設 備 等 5問出題5問選択
  躯  体 10問出題7問選択
  仕  上 9問出題7問選択
  施工計画 5問出題5問選択
 午後 28問出題 24問解答(以下内訳)
  施工管理法 10問出題10問選択
  五肢二択 6問出題6問選択
  法  規 12問出題8問選択

大きく変わったのは、次の4点と言えます。
➀ 総出題数が10問減った
➁ 選択の幅が大きかった躯体(従来は5/13)と仕上(従来は5/12)は、出題数が減少し、解答数が増加したことにより選択の幅が大幅に減少した。
③ 施工管理法の出題が20問から10問へと半減した。
④ 五肢二択は、躯体から3問、仕上から3問という出題で、二つの選択肢を全て正解しないと得点できない形式で、しかも配点は他の問題と同様に1点であった。

 さて、受験生の声を聞く限りですが、従来と比較して難易度が高まったと感じたようです。
そもそも82問から60問解答していたものが、72問から60問解答へと変わったのですから、問題選択の幅が狭まり、苦手なジャンルの問題も解かざるを得なかったでしょう。

 また、五肢二択も、事前には施工管理法の応用といわれていましたが、結局は躯体と仕上げの施工知識を問うもので、しかも二つ正解しないと1点取れないという難問となりました。この6問で6割以上が合格ラインと事前に公表されていましたので、その通りとすると、6問中4問以上の正解が必要と、かなり厳しい合格基準となります。

 以上のような本試験でしたが、いずれにしても、10月の二次検定に向けて第2ラウンドがスタートとということになります。暑い夏を迎えますが、頑張ってください。