ほんだここんにちは、ホンダです。

令和3年の1級建築施工管理技士 一次検定試験の合格発表が7/16にありました。
受験者 22,277人
合格者 8,025人
合格率 36.0%
合格基準点 36点/60問(応用問題は3/6問)

前年の合格率の51.1%と比較して-15.1%と厳しい結果となりました。過去10年でも最も厳しい合格率であったことは、試験後にコメントしたとおり、躯体と仕上げで選択の余地が狭くなったことと、新たに出題された5肢2択が躯体と仕上げの知識を問うものであったことによると考えています。5肢2択は6割が合格基準と公表されていましたが、結果的に5割の3/6と緩和されたことをみてもわかるとおりです。

問題構成は例年通り過去問からの出題が多かったので、次年度に向けての対策は、より過去問に対する理解度を深めることに尽きるでしょう。

さて、いよいよ2次検定です。7月30日までが申込期限ですので、合格された方は次のページを参考に速やかに手続きを進めてください。

https://www.fcip-shiken.jp/result/ken1_ga/index.html

二次検定試験も、新たに5肢択一が出題されますが、一次検定を見る限り、内容的に目新しい出題は少ないと思います。本番当日までに過去問をじっくり解き尽くしていただくことが、何よりの対策となるでしょう。

皆様の好結果をお祈りしています。