講師の岡部です。

昨日の速報につづき、本日は参考答案プランの第2弾をお届けします。

 

昨日は課題の特徴を全体的に見てみましたが、今回はなんといっても一番のサプライズだった敷地の傾斜に対して、少し掘り下げてみたいと思います。

 

まずは、参考プランの第2弾を確認ください。

20210913171726_00001


20210913171726_00002


※無断複製・複写を禁じます。 

建物の内部で床レベルを変えたパターンになります。

敷地入り口部の床高さをGL+200㎜、奥側をGL+400~500㎜としており、内部の廊下に設けた段で段差処理を行っています。1階の床レベルは段差を設けましたが、2階の床スラブ面は段差を設けず、奥側のエリアの天井高さで調節しています。

 

軒の高さについては、設計条件で9m以下とあります。この数値を超えるとかなり大きな減点になると考えられます。「道路境界部分をGLとし、±0㎜とする」との条件ですので、参考答案プランの断面図はここからの軒高さを9000㎜としました。

 

軒の高さについては、建築基準法上は平均地盤面からとれば良いのですが、課題の意図が平均地盤面からを指しているかどうかが不明なため、より安全側の設計にしました。

 

このように内部で床レベルを変更することで、より課題の条件の意図に近づいているかと思われます。

 

今回のサプライズであるこの「傾斜地」は、受講生の多くの方がてこずった様子です。敷地に傾斜がある条件は過去になく、また、プランニングにかけることが出来るのは1時間程度と非常に短い時間です。今回の参考プランのように、建物内部での段差処理を行うことはとても難しかったかと思います。

 

二級建築士の設計製図は相対試験です。多くの方が出来ていない内容については、差がつかないことになります。今回の「傾斜地」については、あまり差がつかない内容となる可能性があります。このようなサプライズに対してはあまり惑わされることなく、他の項目をしっかりまとめて、時間内に仕上げることが大事です。

今回の試験で書き上げることが出来た方は、必要以上に不安になる必要はありません。12月の結果をまちましょう。

今回の課題は、敷地の勾配というサプライズがあったものの、それがなければプランニングはさほど難しくなく、問題の難易度としては、標準的であったと言えるでしょう。


受験生の皆さま、今年はコロナ禍においての試験勉強、本当にお疲れ様でした。皆さまの合格を祈っております。


▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼お知らせ▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼

【1級建築士受験生向け 法改正セミナー実施概要】参加無料・予約不要※オンライン・梅田校は要予約
 ・オンライン 9/23(木・祝)14:00~15:00 →予約はこちら
 ・横浜校 10/10(日)14:00~15:00
 ・渋谷校 10/23(土)11:00~12:00
 ・梅田校※要予約 10/24(日)14:00~15:00
 ・八重洲校 10/24(日)11:00~12:00
 参加特典TAC入会金(¥10,000)免除券・法改正レジュメ

セミナー実施後には講師並びにスタッフがご相談に応じます。
強引な勧誘はありませんので、お気軽にどうぞ  


オトクな早割キャンペーン第一弾は9月末まで!