講師の清田ですせいた

一級建築士設計製図試験の受験された皆さま、本当にお疲れ様でした

本試験課題を私なりに解いてみたのでご紹介したいと思います。
(完璧なプランではないのでご了承ください


(1)アプローチの計画
駅や店舗付き集合住宅の並ぶ東道路をメインアプローチと考え、
①住宅、②自転車(住宅用)、③学習塾、④自転車(学習塾用)、⑤カフェの5つのアプローチを東道路から確保しました。
住宅のアプローチは、西道路にサブエントランスを設け、東西に抜けられる動線を確保しました。
駐車場は西側に計画し(一部ピロティ駐車場)、車椅子使用者用はサブエントランスに近接させました。

(2)学習塾・カフェの計画
学習塾の各室は、法的な採光が不要なので外壁に面して計画することは割り切りました
カフェは東道路に面して設け、厨房からのサービス動線も南側に確保しました。

(3)設備スペースの計画
受水槽室、消火ポンプ室、電気室などの設備スペースは北西側にまとめて計画し、屋内・屋外の両方からの動線を確保しました。
ゴミ保管庫も北西の一角にまとめ、入居者・管理人ともに使いやすい位置としました。

(4)住戸の配置
2階の南側に屋上庭園および屋根(屋上緑化)を設け、住棟を1スパンセットバックさせることで十分な南側の日照を確保しました。
住戸は南側に優先して配置し、納まらない住戸は採光に配慮して東・西の道路側へ向けました。
各住戸の要求面積は、バルコニー・共用廊下の奥行寸法による調整だけでなく、アルコーブや光庭を用いました。

2021_1級建築士設計製図本試験 オリジナル答案例


※なお1/400の手描きなので、歩行経路、延焼ライン、防火区画などの法的な内容は見た目が煩雑になるので図示を省略しています。あくまでプランだけ参考に見てください。
また、共用廊下も安全側で全て床面積に入れているので、延べ面積がデカくなっています