皆さんこんばんは、講師の岡部です。

まずは、本日の二級建築士設計製図試験を受験された皆様、大変お疲れ様でした。
無事に書きあげることはできましたでしょうか?

どこよりも早い速報プランをお届けします!
 
まず、今年の問題の特徴になっている設計条件をざっと列記します。
設計条件
・同じ趣味のサークル仲間や近隣住民を招くことのできる多目的室を計画する。(専用の出入口をを設ける。)
・敷地の南側に公園が隣接していて、その良好な景観を眺望できる計画とする。
・自然換気及び採光に配慮する。
要求室
・居間には10㎡以上の吹抜けを設ける。台所は多目的室に隣接させる。
・多目的室は、25㎡以上とし土間使用とする。多目的室から利用できる便所と倉庫を設ける。
・ワークスペース・浴室・脱衣室は設置階を適宜とする。
屋外施設
・多目的室に隣接しガーデニング用の庭を眺めることのできる屋外テラスを設ける。
・屋外スロープを必要に応じて設ける。(今回は、「多目的室の荷物の搬入に配慮」するため、スロープを設けると良いと考えられる。)
・駐車スペースが2台
要求図書
・矩計図が多目的室を切断。(土間仕様の断面)

今年の問題は大きなサプライズはなかったのですが、2方向道路の敷地で建物へのアプローチ動線が2本(家族用と多目的室への来客用)必要という内容で、ゾーニングとアプローチをしっかり意識してプランニングをする必要がありました。本試験において「専用住宅」で、アプローチ動線が2本必要な問題は近年見られませんので、その点からすると今回の問題の難易度は「標準~やや難しい」だったと思います。

では、TACのオリジナル解答プランです。
23_2Q_plan

設置階が適宜のワークスペース・浴室・脱衣室を1階にもってきたプランとなります。玄関へのアプローチと多目的室のアプローチを明確に分離しつつ、敷地の南側をできるだけ大きくとるように建物を配置しました。


TACで学習されてきた方は、どの設計条件も一通り学習できている内容だったかと思います。

では、明日13時頃までに更に詳しい講評を以下にUPいたします。