TAC建築士講師室ブログ

TAC建築士講座の講師・スタッフのブログです。

一級建築士 学科対策

本日、2021年一級建築士学科本試験の合格発表がありました。

【実受験者数】31,696人(昨年30,409
【合格者数】  4,832人 (昨年6,295
【合格率】    15.2 (昨年20.7

合格基準点は、各科目については計画が10点でその他4科目は過半、総得点87点でした。
総得点87点は昨年88点に続く90点を下回る低い点数となりました。
合格率は、昨年と比べて5
%もダウンする低い合格率となりました。
また実受験者数は昨年に続いて30,000人を超えています。これは受験資格緩和によるものと思われます。
合格者数は昨年と比べて1,500人近く減少しています。

合格推定点ならびに正答番号はTACが本試験当日に出した通りでした。こちら→

さて、合格した皆様本当におめでとうございます
製図試験まで残り1か月少し、このまま合格を目指して頑張ってください
また、残念な結果となってしまった皆さま、この悔しい気持ちを忘れずに気持ちを新たにして次年度に向けて頑張りましょう


〇●お知らせ●〇

9月末日まで早割キャンペーン第一弾を実施中です。

【対象コース 一級・二級総合学科本科、一級・二級学科本科、一級上級パック】
 さらにモバイル問題集「快速スタディ」で今から問題集の実施可能!
 一級・二級総合学科本科にお申込みの方はWebで「力学基礎講義」を先行して視聴可能!

「無料セミナー」最新!法改正情報と法令集の活用法(参加無料)
令和2年本試験の出題対象となる最新の法改正情報を講師が解説します。
 <開催日時>※60分程度を予定しています。
 ●9/12(日)14:00~新宿校 ※予約不要・
新宿校の地図はこちら→
 ●9/23(木・祝)14:00~オンライン ※予約はこちら→
【参加特典】入会金(\10,000)免除券を進呈
  ※終了後は講師・スタッフが質問や相談に応じます!

▼その他イベントは以下よりご確認ください。




一級試験を受ける方に役立つ動画配信中!

井澤ですいざわ

昨日、一級建築士学科試験を受験された皆様、本当にお疲れ様でした。

なんと言っても今年の一番の特徴は、計画が今までにないほど難しかった点です。
計画が11点未満となり、足切りの心配をされている方も多いと思いますが、
計画の科目基準点は引き下げられる可能性が高いと思いますので、希望を持って良いと思います。

(1)TAC合格推定点
さっそくですが、TACの合格推定点は、次のとおりです。
全体の難易度は、やや難しかったと考えます。
――――――――――――――――――――
■科目基準点
 計画10点、環境・設備11点、法規16点、構造16点、施工13点
■総得点
 87点
――――――――――――――――――――
・計画の科目基準点は、9点になる可能性もあると思います。
・自己採点等による誤差を考慮し、86点以上の方は速やかに設計製図の受験対策を進めるべきと考えます。
・TAC設計製図本科生における学科合格発表後の特別返金制度については、こちらをご覧ください。

(2)講評
科目ごとの難易度は次のとおりです。
・計画:非常に難しい
・環境・設備:易しい
・法規:易しい
・構造:やや難しい
・施工:例年並み(=難しい)
全体:やや難しい

以下、学科試験の科目ごとの特徴です。

■ 学科Ⅰ:計画
今年の計画の出題を、やや強引に、①用語、②実例・建築史・著作、③計画理論の3つに分類すると次のようになります。
keikaku_85
①用語が5問、②実例・建築史・著作が7問、③計画理論が8問になります。
そして、用語と実例等は、結局のところ、それを知っているか否かです。
それが12問も出題され、新規問題が多数出題されたことによって、
今年の難易度が一気に難しくなっています。
逆に、集合住宅の片廊下型の特徴などの計画理論は、本当に出題が減っています。
なお、TAC生は、SDGs、エドワード・ホール、コンセッション方式などについて、教材や講義で扱っていたので、ぜひ得点して欲しかったところです。

■ 学科Ⅱ:環境・設備
環境・設備は易しい出題でした。
過去問を使った誤りの肢について、確信を持って「誤り」と答えられれば、新規問題や、過去問と表現を変えた問題に惑わされることなく得点できたはずです。
No.13の換気量の問題は、1人当たりの必要換気量が30㎥/人程度であることから判断できる問題でした。

■ 学科Ⅲ:法規
法規は易しい出題だったと言えます。
今年も法改正部分からの出題が目立ちました。
No.14の無窓居室をテーマとした問題、No.24の建築士法に基づく帳簿、図書の保存をテーマとした問題、No.28肢2の建築物省エネ法の請負型規格住宅などです。
容積率、高さ制限については、近年は易しい問題が続いています。
法規では、例年どおり、時間配分について十分な対策が必要です。

■ 学科Ⅳ:構造
構造力学では、例年の出題に一捻り加えた問題が目立ちました。
文章問題は、過去問の表現を変えて、難解な表現をできるだけ少なくし、平易な表現で出題されている印象を受けます。
それによって過去問の理解度が顕著に表れる結果となったと思われます。
過去問が十分に理解できている場合には易しく感じる一方、理解が不十分な場合には変わった表現に惑わされて、難しく感じたのではないかと思われます。

■ 学科Ⅴ:施工
暗記系科目である計画と施工では、新規問題が数多く出題されているのが近年の傾向です。
施工で特に今年数多く見られたのが、
3つの正しい肢が過去問、消去法で新規問題が誤りという問題です。
No.5、6、18、22、23などです。
このような問題は、過去問をいかに正確に理解していたかが顕著に表れます。
また、建設業法の改正で注目された、監理技術者補佐、特例監理技術者についてもNo.2でしっかり出題されました。
TAC生は、直前演習ゼミの問題が数多く出題されていましたので、その効果を実感できたのではないかと期待しています。

一級建築士学科試験の総評は以上です。

――――――――――――――――――――
もう1点、令和2年からの試験制度の変更により、
学科試験に合格した後、5回の設計製図試験のうち、いずれか3回を選択できるようになりました。
設計製図試験は2か月半の短期決戦です。
自分自身が合格を信じて、初回講義からしっかり集中して取り組まなければ合格することが難しいと言えます。
学科試験の合格発表まで設計製図試験に集中する自信が持てないという方は、次年度の受験を検討しても良いかもしれません。

さあ、合格見込みの方、次は設計製図試験です!
TACでは今週末(7/17・18・21)から設計製図1回が始まります!
課題発表前から学習できる構造、設備、法規の基礎知識と作図手順、作図実習を進めていきます。
必ず平行定規等を持参してください!
つかの間の休息をとった後、設計製図試験に向けて頑張りましょう!
――――――――――――――――――――

TAC学科受講生の方はマイページにあるデータリサーチにご協力ください
よろしくお願いいたします。マイページはこちら⇒

【お知らせ】
一級建築士「設計製図本科生」説明会 <参加無料>
7/13(火)19:00~20:00 オンラインにて ★詳しくはこちら⇒
7/14(水)19:00~20:00 新宿校・名古屋校・梅田校 ★詳しくはこちら⇒
※終了後には講師に直接質問も可能ですお気軽にご参加ください。

一級建築士「設計製図本科生」無料体験入学<予約不要>
【講義時間】9:30~18:00※15分前くらいまでに受付窓口にお越しください。
7/17(土)仙台校・水道橋校・新宿校・池袋校・渋谷校同時放映クラス・横浜校・名古屋校・京都校・梅田校・なんば校
7/18(日)札幌校・新宿校・池袋校・八重洲校・立川校・町田校・横浜校・大宮校・津田沼校・名古屋校・梅田校・なんば校・神戸校・広島校・福岡校
7/21(水)渋谷校
★詳しくはこちら⇒
※定員となった場合また定員間近となった場合には体験入学を中止します。当ブログの定員情報をご確認ください。

一級建築士 オンラインセミナー「課題の概要説明会」開催 <参加無料>
今年の課題の概要について、TAC八重洲校の佐藤博子講師×TAC池袋校 荒井講師の対談でお届けします!お気軽にご参加ください。
7/23(金)14:00~15:00予定。
※予約サイトを明日7/12(月)夕方ごろUP予定です。少しお待ちください

【2022年一級建築士 奨学生選抜試験(学科)】
次年度の学科試験合格を目指す方向けにオンラインにて開催します。
参加無料ですので、お気軽にご参加ください。
こちら⇒






本試験お疲れ様でした。
お待たせしました。解答速報(全問)をUPします

211q--
※20:45更新しました。
https://www.tac-school.co.jp/kouza_kenchiku/kenchiku_1kyu_sokuhou.html

講師講評と合格推定点は明日、13時に公開予定です。

TAC学科受講生の方はマイページにあるデータリサーチにご協力ください
よろしくお願いいたします。マイページはこちら⇒

【お知らせ】
一級建築士「設計製図本科生」説明会 <参加無料>
7/13(火)19:00~20:00 オンラインにて ★詳しくはこちら⇒
7/14(水)19:00~20:00 新宿校・名古屋校・梅田校 ★詳しくはこちら⇒
※終了後には講師に直接質問も可能ですお気軽にご参加ください。

一級建築士「設計製図本科生」無料体験入学<予約不要>
【講義時間】9:30~18:00※15分前くらいまでに受付窓口にお越しください。
7/17(土)仙台校・水道橋校・新宿校・池袋校・渋谷校同時放映クラス・横浜校・名古屋校・京都校・梅田校・なんば校
7/18(日)札幌校・新宿校・池袋校・八重洲校・立川校・町田校・横浜校・大宮校・津田沼校・名古屋校・梅田校・なんば校・神戸校・広島校・福岡校
7/21(水)渋谷校
★詳しくはこちら⇒
※定員となった場合また定員間近となった場合には体験入学を中止します。当ブログの定員情報をご確認ください。

一級建築士 オンラインセミナー「課題の概要説明会」開催 <参加無料>
今年の課題の概要について、TAC八重洲校の佐藤博子講師×TAC池袋校 荒井講師の対談でお届けします!お気軽にご参加ください。
7/23(金)14:00~15:00予定。
※予約サイトを明日7/12(月)夕方ごろUP予定です。少しお待ちください

【2022年一級建築士 奨学生選抜試験(学科)】
次年度の学科試験合格を目指す方向けにオンラインにて開催します。
参加無料ですので、お気軽にご参加ください。
こちら⇒

こんにちはtashiro

今年も一級建築士 学科試験当日に解答速報をUPします

kaitousokuhou21
https://www.tac-school.co.jp/kouza_kenchiku/kenchiku_1kyu_sokuhou.html

18時より順次UPします

【お知らせ】
一級建築士「設計製図本科生」説明会 <参加無料>
7/13(火)19:00~20:00 オンラインにて
7/14(水)19:00~20:00 新宿校・名古屋校・梅田校
★詳しくはこちら⇒

一級建築士「設計製図本科生」無料体験入学<予約不要>
【講義時間】9:30~18:00※15分前くらいまでに受付窓口にお越しください。

7/17(土)仙台校・水道橋校・新宿校・池袋校・渋谷校同時放映クラス・横浜校・名古屋校・京都校・梅田校・なんば校
7/18(日)札幌校・新宿校・池袋校・八重洲校・立川校・町田校・横浜校・大宮校・津田沼校・名古屋校・梅田校・なんば校・神戸校・広島校・福岡校
7/21(水)渋谷校
★詳しくはこちら⇒
※定員となった場合また定員間近となった場合には体験入学を中止します。当ブログの定員情報をご確認ください。

井澤ですいざわ
「建築士試験に告示の知識は必要か?」
答えは「NO」です。必要ありません。

1.この書き込みのきっかけとなったご質問と回答
先刻、このブログのコメントに次のようなご質問をいただきました。

「TAC法令集になぜ告示がついていないのでしょうか。
TACの法令集はとても使いやすいのですが、
唯一、255号の告示が関わる問題は対応できず悩んでいます。」

ここで、「255号の告示」とは、平成27年国土交通省告示第255号
(建築基準法第27条第1項に規定する特殊建築物の主要構造部の構造方法等を定める件)です。
「特定避難時間に基づく準耐火構造」を定める告示です。(以下「H27告示255号」という。)
ちょうどTAC一級建築士学科本科生でも
防火関係規定の講義が終わった良いタイミングですので、
書き込みします。かなり長文になります。

ご質問の回答として結論だけを示せば次のようになります。

「法規の試験において、過去に告示を根拠とした出題はありません(※)。
したがって、建築士試験に告示の知識は必要ありませんので、
建築士試験対策を主目的としたTAC法令集では告示を掲載しておりません。」

(※)例外は、わずかに平成29年No.13肢3の「高力ボルトの短期に生ずる力に対する引張りの許容応力度は、引張りの材料強度の2/3の値である。(誤)」ぐらいです。根拠は令94条に基づくH12告示2466号第2。この問題はおそらく「高力ボルト」ではなく「ボルト」と出題するつもりだったのではないか、と推測しています。その場合の根拠は令90条表1で、やはり誤り。

2.建築士試験と告示について
本試験の問題作成者は、告示を見ないでも建築基準法、施行令、施行規則を根拠として
正誤の判断ができるように注意深く配慮した問題を出題してくれているのです。
(注)試験機関が告示を考慮しないと明言しているわけではありません。
   少なくとも今までは、まったくと言ってよいほど告示を根拠とした出題はないのです。

もしも告示を根拠とした問題があるならば、
それは資格学校などが作ったオリジナル問題なのです。
たとえ資格学校などの過去問題集に掲載されているとしても、
例えば法27条関係であれば、平成27年に大改正があり、
H27告示255号が制定されたことにより、
それ以前の過去問がそのまま使えなくなったため、
代わりに資格学校などが作ったオリジナル問題なのです。

3.出題例
■問題
防火地域及び準防火地域以外の区域内において、延べ面積2,500㎡、地上3階建ての学校を新築する場合は、耐火建築物としなければならない。(平成28年No.7肢4)
■解答
誤。この問題は、平成27年の大改正後の出題です。この問題は、当該学校が法27条1項一号及び二号(法別表1(3)項(ろ)欄及び(は)欄)に該当し、法27条1項本文及び令110条により、「特定避難時間に基づく準耐火建築物(令110条一号)」又は「耐火建築物(令110条二号)」としなければならないということが分かれば、「耐火建築物としなければならない。」という記述は誤りと判断できる問題なのです。このとき、H27告示255号を見る必要はありません。

4.平成27年国土交通省告示第255号(建築基準法第27条第1項に規定する特殊建築物の主要構造部の構造方法等を定める件)について
H27告示255号は、令和2年2月26日に改正され、従前は、木造3階建て共同住宅(木3共)や木造3階建て学校(木3学)など、特定の要件を満たす建築物に関する構造方法等だけが定められていましたが、改正により、これらの建築物に限らず、法27条1項各号のいずれかに該当する全ての特殊建築物について、「特定避難時間に基づく準耐火構造」とする構造方法等が定められました。
詳細を知りたい方は、下記の国土交通省「技術的助言」を参考にしてください。
なお、当該告示は令和2年12月28日にも改正されています。
本当に残念なことに、その告示自体を無料で見られるサイトは今のところ見当たりません。

5.まとめ
建築士試験に告示の知識は必要ありません。
建築士試験のためにH27告示255号など難解な告示を理解するために時間を割くのは、本当にもったいないです。






↑このページのトップヘ