TAC建築士講師室ブログ

TAC建築士講座の講師・スタッフのブログです。

一級建築士 学科対策

井澤ですいざわ

皆様ご存知のとおり、建築基準法と建築士法が平成27年6月に大改正されています。

受験経験者の方の中には「法規が苦手なので、平成28年版問題集を手にするまでの間、平成27年版問題集の中で法改正に関係しない部分だけでも今から過去問を解いておきたい」と思っている方も多いと思います。


そこで、今回はTACの1級建築士の問題集の項目を基に、法改正に関係しない部分(影響が小さい部分)をお伝えしたいと思います。
それは次の赤字(下線)の部分になります。

――――――――――――――――――――
第1編 建築士法・建設業法(士法改正の影響大)
第2編 建築基準法
 第1章 用語の定義等(防火関係用語等、影響大)
 第2章 建築手続き(構造計算適合性判定の手続き等、影響大)
 第3章 防火・避難関係(法27条、法別表1等、影響大)
 第4章 一般構造規定
 第5章 建築設備
 第6章 構造強度
 第7章 集団規定1(道路・用途制限・容積率・建ぺい率)
 第7章 集団規定2(斜線制限・日影規制)
 第8章 雑則・罰則(構造耐力の既存不適格建築物等、影響大)
     建築基準法の融合問題等(影響大)
第3編 関係法令(ただし、消防法は屋内消火栓設備の設置基準等が改正)
―――――――――――――――――――

上記の赤字部分は平成27年版問題集で学習をしても無駄になりません
ので、法規が苦手な方は勉強を進めておくと良いでしょう。

なお、TACの平成28年版法令集はすでに出版されています。
さらに、一級建築士については近々に下記URLにてTAC法令集の「線引き集」を大公開しますので、時間のある年内に線引きをしておくことが最も重要です。

http://bookstore.tac-school.co.jp/kenchiku2016/

TAC建築士講座に申し込まれた方は、教材の中に法令集が含まれていますので、受付で受け取って、「線引き集」が公開されしだい、線引きを開始してください。

二級建築士の線引きについてはもうしばらくお待ちください。

井澤ですいざわ

先日行われた二級建築士学科試験を受験された方、本当にお疲れ様でした。

「ペアで覚える建築士」もNo.84まで来て、そろそろ「環境・設備」が一区切りするか、という段階になりました。
二級建築士では「計画」のうち、「環境・設備」からの出題は、No.3~No.10No.19No.25の合計15問です。
今までに掲載した「ペアで覚える建築士」の「ズバリ的中!」を検証してみました。

本試験No.3枝4(着衣量の単位)・・・ペアNo.
本試験No.3枝5(音の強さの単位)・・・ペアNo.37
本試験No.4枝1(CO2、CO許容濃度)・・ぺアNo.
本試験No.4枝5(温度差換気)・・・ペアNo.11
本試験No.8枝3(均斉度)・・・ペアNo.22
本試験No.9枝2(壁の質量と透過損失)・・・ペアNo.36
本試験No.9枝3(1,000Hz100Hzの音の大きさ)・・・ペアNo.41
本試験No.9枝4(音源からの距離と音圧レベル)・・・ペアNo.35
本試験No.20枝4(気化式加湿器)・・・ペアNo.51
本試験No.22枝3(バキュームブレーカ)・・・ペアNo.61
本試験No.22枝4(ポンプ直送方式)・・・ペアNo.63
本試験No.25枝2(排水再利用)・・・ペアNo.68

手前味噌になりますが、結構多いですよね。
この「ペアで覚える建築士」の連載を始めるにあたり、No.1で次のように書きました。

「建築士試験ではペアで覚えるべき内容が多く、どっちがどっちだったか混乱しやすいため、合格者と不合格者の差がつきやすい、まさに試験のポイントとなります。」

そういったペアで覚えるべき内容が試験に出やすいということを、
あらためて強く感じたしだいです。

井澤ですいざわ

この週末で、いよいよすべての教室で1、2級建築士講座が開講されました。
みなさん、もう「本気モード」でやる気スイッチを入れなきゃだめですよ!

受講生の方には今年度TACから創刊された「建築基準関係法令集」が配付されました。
TAC出版ホームページ
http://bookstore.tac-school.co.jp/kenchiku2014/
に「特製インデックスシールの効率的な貼り方・使い方(動画付!)」、「線引き集」が公開されていますから、それを見て、必ず法規の開講までにインデックスを貼り、線引きを終えてくださいね。
これが終わっていないと
法規の講義についていけませんよ!


インデックス、線引きに必要な時間の目安
インデックス貼りは1時間程度、
線引き第1回配信分は5時間程度
線引き第2回配信分は7時間程度
(最後となる第3回配信分は1/31予定です)
はかかると思いますので、コツコツ地道に進めてください。

ソフトブルーマーカーについて
線引き集のコンセプト
http://bookstore.tac-school.co.jp/pdf/concept.pdf
PILOT FRIXION(フリクション)を推奨していますが、もしかしたら最寄りの文房具屋さんに「④ ソフトブルーマーカー」がないかもしれません。
そのときは少し濃いかもしれませんが、「ブルーマーカー」を使ってください。(逆に「ソフトブルーマーカー」は少し薄いです。)

★フリクションを使うときの注意★
フリクションは間違えたときにラバーでこすると消えて大変便利ですが、熱が裏面に伝わって裏面に引いた線引きが消えることがありますので、ラバーでこすったときは裏面をチェックしてくださいね。
まさにマーカーならぬマジックです!
あれ、さっき引いたのになぁ・・・とキツネにつままれます。

井澤ですいざわ
前報の続きです。
法規No.6枝4は次のような問題です。

問題 『耐火構造の耐力壁と準耐火構造の耐力壁は、いずれも、通常の火災による火熱がそれぞれについて定められた時間加えられた場合に、加熱終了後も構造耐力上支障のある変形、溶融、破壊その他の損傷を生じないものであることが求められている。』

枝1とともに、この枝4も誤りということで、No.6は複数解答となりました。

耐火構造加熱終了後も変形等を生じないことが求められますが、準耐火構造加熱終了時まで判断されるため、「いずれも、加熱終了後も変形等を生じないことが求められている。」という設問は誤り、という内容です。

条文にほぼ忠実に解釈すると、
107条の耐火構造のほうは、例えば
「加熱が1時間加えられた場合に変形等を生じないこと」と条文に書いてありますので、1時間1分で変形等を生じると不可です。
一方、令107条の2の準耐火構造のほうは、例えば
「加熱が加えられた場合に、45分間変形等を生じないこと」と条文に書いてありますので、46分で変形等を生じても可です。

わかりますか?
これを条文から判断しろというのは・・・。

井澤ですいざわ

平成25年 一級建築士学科試験の合格発表がありました。
合格された方、本当におめでとうございます。

今年は科目基準点の補正はなく、総得点が92点に引き上げられました。
総得点の平均点が想定より高かったということです。
総得点を引き上げても、合格率は19.0%と比較的高い結果となりました。

(公財)建築技術教育普及センター
http://www.jaeic.or.jp/pdf/1k-goukakukettei-h250910.pdf

解答番号も公表されていますが、TACが速報時点で公表していたものと同一でした。

学科Ⅲ法規では、No.6とNo.19を複数解答とする措置が講じられました。
この措置の理由について、上記のセンターのホームページで丁寧な説明が加えられています。

法規No.6の詳細は次報にて。

↑このページのトップヘ