TAC建築士講師室ブログ

TAC建築士講座の講師・スタッフのブログです。

二級建築士 学科対策

井澤ですいざわ

年末年始休暇で法令集の線引きをしようと思っている方も多いと思います。
年が明けて本講義が始まると忙しくなりますから、ぜひそれまでに線引きを終えておいてください。
線引き見本の閲覧場所は、下記URLで既にご案内しているとおりです。
http://kentikushi-blog.tac-school.co.jp/archives/51161546.html

さて、2017年度版(平成29年度版)のTAC法令集をお持ちの方へ、線引きについてのお知らせです。

平成30年試験向けの法改正は「建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律(建築物省エネ法)」がメインで、それ以外はほとんど試験に影響がありません。

したがって、建築物省エネ法が掲載されている「Vol.2」は、新年度版(2018年度版・平成30年度版)を使い、新年度版に線引きをし直す必要があります。
建築物省エネ法は、一級建築士ではまず間違いなく出題されますよ!

一方、「Vol.1」については、2017年度版(平成29年度版)をそのままお使いいただいても試験にはまず影響はありません。

Vol.1とVol.2の2冊に分解できるセパレート形式ならではのメリットですね。

条文が変わっていなくても線引きに多少の工夫が加わっている部分もありますので、そこはご承知ください。

なお、新しく「田園住居地域」という用途地域が加わることについて気になっている方もいるかと思いますが、建築基準法施行令改正の施行日は平成30年4月1日ですので、平成30年試験の範囲外になります。
http://www.mlit.go.jp/report/press/toshi10_hh_000252.html




こんにちは、シミズです。
総合学科本科生及び力学基礎講義の教室講座をお申込みの皆様に今週末の八重洲校の
講義日程についてお知らせいたします。
受講ガイド巻末にありますように以下のとおりとなります。

八重洲校
力学基礎講義 第5回 11/18(土) 9:15~11:45
力学基礎講義 第6回 11/18(土)12:30~15:00

上記講義にご出席できない場合は以下にてご受講ください。
 新宿校など他の校舎に出席(詳細な日時は受講ガイド巻末参照)。
 Webにて受講(受講ガイドP.81参照)。
 個別DVD振替フォローにて受講 ※有料(受講ガイドP.47参照)。

この日の講義は日曜日ではなく、土曜日の実施になりますのでご注意ください

こんにちは、セイタですせいた

2級の皆様、大変お待たせいたしました。

平成29年版TAC建築基準関係法令集の線引きデータ(2級用)をアップいたしました

2級の出題に即して、1級の膨大な線引き量を減らし、
さらに2級だけ出題される箇所は追加しており、完全に2級建築士用にカスタマイズしました


① 建築基準法の線引きはこちら

② 建築基準法施行令等の線引きはこちら

③ その他関係法令の線引きはこちら
     なお、線引きには、こすると消えるPILOT FRIXION(フリクション)がお奨めです。
    ① オレンジマーカー
    ② オレンジ0.5mm(下線用)
    ③ ピンクマーカー
    ④ ソフトブルーマーカー
    ⑤ ライトブルー0.5mm(下線用)
    ⑥ イエローマーカー

    この6種(4色)をご用意ください。

    オレンジは、ポイントにマークする基本色
    ピンクは、用語の定義
    ブルーは、但書きや除外規定
    イエローは、法と令の関連等

    という意味合いで線引きをしています。

    年末年始のお休み中に、しっかり法令集のカスタマイズを終わらせておきましょう 





    せいた
    こんにちは、セイタです

    突然ですが、我々講師は講義のないこの時期は何をしているのでしょうか?


    のほほんと遊んでいたいのは山々なのですが、実はそうゆう訳にもいかず、
    来年度皆さんが使う、講座のテキストや問題集などの教材製作に日々追われているんです

    私はただ今、2級建築士の計画のテキストを
    より分かりやすく!より見やすく!試験に頻出箇所が一目で分かるように」試行錯誤しながら修正しています
    ↓↓
    二級建築士_計画テキスト


    テキストについた紙のビラビラは、追加原稿です。
    すっごいたくさん付いているのがお分かり頂けるでしょうか?

    このように、テキストや問題集は、毎年「より分かりやすく!」を目標に日々進化しています。
    もちろん、最新の法改正今年の試験内容もしっかりと盛り込んでいますので、ご安心を。

    来年度、皆さんのお手元で「TACの教材は分かりやすい!見やすい!」と言って頂けるような教材をご提供できるよう、頑張っている今日この頃です

    ↑このページのトップヘ