TAC建築士講師室ブログ

TAC建築士講座の講師・スタッフのブログです。

二級建築士 設計製図対策

本日、公益財団法人 建築技術教育普及センターより、
令和4年の二級建築士試験の「設計製図の試験」の合格発表がありました。

合格された皆様、本当におめでとうございます。


〇製図実受験者数  10,797名(11,450名)
〇合格者      5,670名(5,559名)
〇合格率      52.5%(48.6%)
●学科からの最終合格率 25.0%(23.6%)
※( )内は昨年

ランクⅠ、Ⅱ、Ⅲ、Ⅳのそれぞれの割合は次のとおりで、「ランクⅠ」のみが合格となります。
ランクⅠ:52.5%(48.6%)(合格)
ランクⅡ: 7.7%(7.7%)
ランクⅢ:30.7%(31.9%)
ランクⅣ: 9.1%(11.8%)
※( )内は昨年

昨年より、合格率が製図試験は3.9%上がり、学科からの最終合格は1.4%上がりました。

□■
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

皆さん、こんにちは!

TAC二級建築士講師の岡部です。

まずは、合格された皆さま、本当におめでとうございます。

 

ここからは、今年の課題「保育所(木造)」について、建築技術教育普及センターの発表内容を受けて簡単な講評をしたいと思います。

 

今年の設計製図試験の全国合格率は「52.5%」でした。昨年は「48.6%」でしたので、やや合格率が上がりました。前回の木造の課題(令和2年)の合格率「53.1%」とほぼ同じで例年並みの難易度だったと言えます。

 

ランク別の割合では、ランクⅣ(失格)が9.1%と昨年より少なく、図面の未完成や主要な室の欠落など、大きな失敗をした人はやや少なかったことが分かります。

また、ランクⅢ(「知識及び技能」が著しく不足しているもの)が、ランクⅡ(「知識及び技能」が不足しているもの)よりも、かなり大きな数字ですので、致命的ではないが、細かなミスを積み重ねた結果、不合格となった人が多かったと考えられます。

 

建築技術教育普及センターの採点のポイントは以下の項目です。

(1)設計課題の特色に応じた計画

   ・乳児室、ほふく室及び保育室の計画

(2)計画一般(敷地の有効利用、配置計画、動線計画、設備計画、各室の計画等)

(3)構造に対する理解

(4)架構計画

(5)矩計に関する知識

(6)要求図書の表現

(7)設計条件・要求図書に対する重大な不適合

   ①木造2階建てでないもの

   ②要求図書のうち図面が1面以上未完成

   ③図面相互の重大な不整合(上下階の不整合等)

   ④延べ面積が、「200㎡以上、250㎡以下」に適合していないもの

   ⑤要求室のうち、次のいずれかの室が欠落又は設置階が違っているもの(室名は省略)

   ⑥著しく非常識な計画(階段の欠落等)   

さらに解答の傾向として次のコメントがあります。

「未完成」、「設計条件の違反(延べ面積が不適当なもの、乳児室、ほふく室又は保育室の床面積が不足しているもの)」、「要求図書の違反(東側立面図ではない)」、「架構計画が不適切」に該当するものが多かった。

これらの項目が主要な採点ポイントですので、これらのすべてにわたって、大きなミスを犯すことなくプランニングを行い、図面を仕上げなければいけません。

 

今回の課題は、木造住宅で初めての専用施設でありましたが、採点ポイントは非常にオーソドックスな内容だったと思います。

・木造住宅の架構を理解して適切な計画を行っているか?

・「主要な居室は南側へ水廻りや階段は北側へ」「管理ゾーンと保育ゾーン」をはっきり分けるといったゾーニングを行っているか?

・各図面を適切に表現でき、不整合なく作図できているか?

 

1点注目されるのは、「設計条件の違反」に「乳児室、ほふく室又は保育室の床面積が不足しているもの」が上げられている点です。これは設計条件で示された「小規模保育事業による施設」の基準に則って計画することが求められたと考えられます。たとえば乳児室の場合、「乳児1人につき、3.3㎡以上とする(収納等の面積は含まない。)」と問題文に示されたのですが。これを単に3.3㎡×3名=9.9㎡と計算して壁芯で6畳(12P²)の室の大きさで設計するのはNG!収納や手洗い器を除いた内法寸法で考える必要がありました。(標準解答例では9畳(18P²)で示されています。)

 

保育所という専用施設の特徴を十分理解する必要があったということです。

 

さて、本年度課題を見た上で、設計製図試験に合格するためにどうすれば良いのかを考えてみますと、以下の対策が必要なことがわかります。

 

①構造を理解し適切に図面に表現する「製図力の強化」

②課題の特徴を理解し適切にプランにまとめる「プラン力の強化」

 

課題の発表は来年の6月ですので、②の「プラン力の強化」については今の時点で学習を始めることは難しいのですが、①の「製図力の強化」については今から始めることが可能です。

 

来年の課題は木造と考えられます。木造はRC造と比べ作図量が多い傾向にありますので、製図力の強化がまずは大事になります。「今年涙を飲んだ方」や「学科合格後、今回初めて製図試験を受験する方」は、是非とも早めに試験対策を始めましょう。

 

来年2/1()に、設計製図の次年度対策向けにオンラインセミナーを開催します。

TACでは、下記のように早めに対策のスタートを切れる「総合設計製図本科生」も準備しております。早めのスタートを切って、他のライバルとの差をつけましょう。







二級建築士 設計製図試験 講評

設計製図試験の講評は、TAC建築士講座のホームページに公表しておりますので、
下記から、建築士講座のホームページをご覧になっていただきますよう、お願い致します。



【お知らせ】
★2023年目標 早割キャンペーン実施中! 


★2023年 一級学科を受ける方へ「オンライン奨学生選抜試験」


★2023年 一級学科を受ける方へ「一級学科対策 オンラインセミナー」

皆さんこんばんは、講師の岡部です。

まずは、本日の二級建築士設計製図試験を受験された皆様、大変お疲れ様でした。

無事に書きあげることはできましたでしょうか?

 

どこよりも早い速報プランをお届けします!

 

まず、今年の問題の特徴になっている条件をざっと列記します。

設計条件

・敷地が公園に隣接している。

・小規模保育事業による施設である。

・自然採光及び自然換気を積極的に取り入れる計画とする。

要求室

・乳児室、ほふく室、保育室の面積条件が人数×1人あたり面積

・調理室に出入口の条件なし。

・2階に保育室などの要求がない

・階段の蹴上踏面に指定がある。(蹴上げ180㎜、踏面225㎜)

屋外施設

・屋外遊戯場に面積制限(20㎡)

・敷地内通路の幅員の指定(1.5m)

・屋外スロープの指定(1/15

・駐車スペース2台(うち1台は幅3500㎜)

要求図書

・立面図(東側立面)

計画の要点

・保育室などの自然採光、自然換気について

・建物の環境負荷低減について

 

これらより、今年の問題に対して受ける印象ですが、「大きなサプライズはなく、標準的な問題である。」ということです。敷地の条件である公園を活かしながら、環境に配慮したプランニングを心がければ良いと思われます。

 

では、TACのオリジナル解答プランです。

 

・プランA

東側の公園に保育室などを向けるように配置したプランです。

A


・プランB
B


保育室などを南側に向けるように配置したプランです。(特に公園に対する設計条件がありませんので、このように配置しても問題ないと考えられます。)
今回の問題は、大きなサプライズがないため、「無難にプランをまとめること」「精度、密度の高い図面を描くこと」が大事である、と思います。

★明日14時に評をUPします

https://www.tac-school.co.jp/kouza_kenchiku/kenchiku_2kyu_sokuhou.html?revision=0


【お知らせ】
★2023年目標 早割キャンペーン実施中! 


★2023年 一級学科を受ける方へ「オンライン奨学生選抜試験」


★2023年 一級学科を受ける方へ「一級学科対策 オンラインセミナー」

こんにちは。
TACでは今年も面倒な登録なしで
二級建築士 設計製図試験 参考答案プランを
本試験当日に公開します

2022プラン公開_Twitter_2Q
https://www.tac-school.co.jp/kouza_kenchiku/kenchiku_2kyu_sokuhou.html?revision=0

こんにちはtashiro

7/16より「二級建築士 設計製図本科生」開講となります。
初回講義は無料で体験できます!

2022_2Qseizuhonka-kaikou

全8回(9:30~18:00)、教室講座¥185,000(税・教材費込)
でその他の費用はありません(TACがはじめての方は入会金¥10,000が別途かかります)。
Web通信講座¥150,000(税・教材費込)もあります。

9:10までにご希望の校舎受付窓口までお越しください!
 ※定員または定員間近のクラスは体験できません。定員情報はこちら→
 ※作図実習があります、製図用具をご持参ください。

★校舎地図はこちら→


▽▼コース詳細は以下より






↑このページのトップヘ